ニュージーランド、仮想通貨による給与支払いへの課税ガイダンスを発表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ニュージーランド、仮想通貨による給与支払いへの課税ガイダンスを発表
 

ニュージーランド、仮想通貨による給与支払いへの課税ガイダンスを発表

ニュージーランド、仮想通貨による給与支払いへの課税ガイダンスを発表
ニュージーランド税務当局は、仮想通貨による収入を合法と判断し、給与または賃金取得者に対する支払いに辺り、どのように課税されるべきかのガイダンスを発表した。現時点において、暗号資産を「給与や賃金と見なすことはできない」理由についての見解も示した。

ニュージーランド、仮想通貨による給与支払いへの課税ガイダンスを発表

日本と米国を含む各国間で仮想通貨税制度への関心が高まる中、ニュージーランドの税務当局は、仮想通貨による収入を合法と判断し、給与または賃金取得者に対する支払いに辺り、どのように正確に課税されるべきかについてのガイダンスを発表した。

以下の状況において、仮想通貨が従業員への報酬(給与・賃金・ボーナス・手数料・チップなど)の支払いに利用される場合にのみ、ガイダンスで示された規則が適用される。

また、以下に該当する場合は課税対象外となる。

英国歳入関税庁、仮想通貨取引所に取引データ提供要請

ブラジル連邦歳入庁、取引報告を義務化

コミッショナーは現時点において、暗号資産を「給与や賃金と見なすことはできない」理由として、以下のような見解を示している。

ガイダンスの示す「お金のような暗号資産」とは、証券や株式といった資産ではなく、一般的なP2P支払いシステムを提供するものを指す。新たな規則は、2019年9月1日から3年間にわたり適用される。

頻繁にメディアで報じられているように、仮想通貨の税制および課税をめぐり、世界中の税務当局および議会の関心が高まっている。

HMRCは昨年12月に発表した個人の仮想通貨保有者向けのガイダンスの中で、関与する暗号通貨取引の種類に応じ、キャピタルゲイン税(CGT)または所得税のいずれかの支払い義務を課す意向を明らかにした。また、仮想通貨で雇用主から支払いを受けとる場合、従業員は国民保険(NI)として知られる社会保障拠出金も支払う義務が生じる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B