米中、香港、アルゼンチン、ビットコインが反応薄だった訳【朝の仮想通貨市況】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米中、香港、アルゼンチン、ビットコインが反応薄だった訳【朝の仮想通貨市況】

米中、香港、アルゼンチン、ビットコインが反応薄だった訳【朝の仮想通貨市況】

米中、香港、アルゼンチン、ビットコインが反応薄だった訳【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

米中摩擦激化、アルゼンチン危機

週末のBTC相場は上値の重い展開。12000ドルトライに失敗して失速するも、11000ドル近辺では底堅さも見せている。一時、9月再協議の線で歩み寄りが見られるかと思われた米中対立だが、中国の農産物禁輸に対し米側が華為(ファーウェイ)との取引再開延期し暗雲が漂っていたが、WSJが大統領が中国との合意する準備が出来ていないと9月再協議見送り観測が浮上、中国の中銀関係者からも通貨戦争の長期化が指摘された。こうした中、BTC相場は何度か12000ドル水準をトライするも徐々に上値を重くすると、最後12000ドルタッチにも失敗すると急落。一時、11000ドル近辺まで値を下げたが、中国中銀関係者のデジタル通貨の準備が出来たとする報道やゴールドマンサックスの強気見通しなどもあり切り返したが、VanEck・Bitwise分などのETF判断延期もで下押すも、香港の空港占拠、アルゼンチンペソの暴落などもありやや値を戻している。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B