米証券取引委員会(SEC)、ICO詐欺の疑いで米在住の男と企業を告訴

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米証券取引委員会(SEC)、ICO詐欺の疑いで米在住の男と企業を告訴
 

米証券取引委員会(SEC)、ICO詐欺の疑いで米在住の男と企業を告訴

偽装した資料でICOを実施
米証券取引委員会(SEC)は、ニューヨーク在住の男1人と、その男が運営する企業2社を告訴した。被告がICOを実施する際、投資家に提示する情報を故意に偽装した疑いが持たれている。

SECがICO詐欺を告訴

米証券取引委員会(SEC)は、ニューヨークのブルクッリン在住のReginald Middleton氏と、同氏が運営する企業2社を告訴した。米国のリサーチ企業Hindenburg Researchが詳細を伝えている。

被告は2017年から2018年にかけて、未登録有価証券で詐欺とみられるイニシャルコインオファリング(ICO)を行なった疑いが持たれている。SECは裁判所に、被告の資産凍結を要求した。

SECは、被告が証拠文書を破棄するなどの行為で、SECの調査を妨げないように裁判所から命令を出すよう要求している。また、第三者に資産を預託することを裁判所から禁じて欲しいなど、複数の要求を出している模様だ。

今回問題になったのは「VERI」というトークンで、イーサリアムのブロックチェーン上で発行されている。このトークンはETHにペッグされ、その比率は「VERI:ETH=30:1」だった。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B