10日の下方ブレイクで急落後のビットコイン(BTC)、アルゼンチン通貨は歴史的大暴落|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

10日の下方ブレイクで急落後のビットコイン(BTC)、アルゼンチン通貨は歴史的大暴落|仮想通貨市況
 

10日の下方ブレイクで急落後のビットコイン(BTC)、アルゼンチン通貨は歴史的大暴落|仮想通貨市況

お盆のビットコイン(BTC)市況
10日の典型的なペナント下方ブレイクで、急落を引き起こしたビットコイン(BTC)市場は短期下落トレンド転換の瀬戸際にある。アルゼンチンペソ大暴落やドル円急落など、不確実性高まる外的要因もあり、一段と予期しにくい展開を迎える。

お盆のビットコイン(BTC)市況

10日(土)20:00に急落したビットコイン(BTC)は、前日比ほぼ横ばいの120万円台で推移している。

世界経済を見渡してみると、米ニューヨーク株式市場では、ダウ平均が大幅続落している。

そんな中、アルゼンチンペソが一時36%急落、ブエノスアイレス証券取引所のメルバル指数は前週末比37.9%安となり、18年8月の「トルコショック」を上回る大暴落となった。

大統領選の予備選で、野党候補のフェルナンデス元首相が現職のマクリ大統領に対し予想を上回る大差で勝利したことで市場が動揺、ポピュリズム傾倒を懸念した失望売りが集まった格好とされる。

ビットコイン(BTC)テクニカル分析

この件で、中国政府がテロ行為だと糾弾するなど事態は泥沼化の一途を辿っており、米ニューヨーク、英ロンドンと並び世界3大金融センターとして、世界から投資マネーを集めてきた国際金融都市に資金流出などの危機が訪れ、投資家心理悪化につながっている節も否めない。

このように外的要因は、ゴールドと同様のセーフヘイブン(退避資産)との見方もあるビットコイン(BTC)市場にとってはプラス要因にもなり得るが、予定調和とは言え「ビットコインETF」が再延期になったほか、直近のテクニカル的にもあまり芳しい状況にはない。

6日に130万円台から反落して以降、保ち合いを形成していたビットコイン(BTC)であったが、10日20:00頃にペナントを下方ブレイク(①)したことで大量の売りが追従し、約7万円幅急落した。国内最大手のbitFlyerでプラス乖離が5%台まで進んだことでデリバティブ取引における潜在的な売り圧力を示唆しており、SFD基準に到達したことも国内投資家心理を冷やしたか。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B