キャッシュレス先進国での政府との戦い方 香港デモ隊が仮想通貨ビットコインを選ぶもう1つの理由

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

キャッシュレス先進国での政府との戦い方 香港デモ隊が仮想通貨ビットコインを選ぶもう1つの理由

キャッシュレス先進国での政府との戦い方 香港デモ隊が仮想通貨ビットコインを選ぶもう1つの理由

キャッシュレス先進国での政府との戦い方 香港デモ隊が仮想通貨ビットコインを選ぶもう1つの理由

香港で政府とデモ隊の対立が収まらない中、香港取引所でのビットコインの取引価格が他国の取引所より高くなっていると相次いで報じられている。

政治的な混乱から「安全資産」としてビットコインを買う人が増える一方、プライバシー保護の観点からの買いも見られるようだ。

フォーブスによると、デモに参加する若者は香港の交通系ICカード「オクトパスカード」の使用を拒否。公共交通機関への乗車だけでなくコンビニやレストランでの支払い手段として普及しているオクトパスカードだが、若者たちは「香港政府に取引データを追跡されてデモに参加したかどうかタグづけされる」ことを恐れている。そこで人気を集めているのが、ビットコインなどの仮想通貨だという。

香港在住のレポーターによると、デモが始まった今年6月時点で、オクトパスカードへのチャージを避けて券売機に並ぶという「普通ではない」光景が出始めていたという。

現在、ビットコインは「デジタルゴールド」として資産の地位を確立しつつあるが、将来的にはプライバシーに関する社会問題がさらなる飛躍のきっかけになるという見方もある。とりわけ、キャッシュレス社会が進展する中、中央政府や大企業に取引データを管理されることで利用者はプライバシーを損失して自立した生活ができなくなるという見方が出ている。プライバシーや匿名性の機能で課題も多いビットコインだが、政府からの「自由」や「自立」をビットコインに求める人は多い

【関連記事:キャッシュレス社会で脅かされる個人の主権 仮想通貨に託される思いとは

QRコード決済や顔認証を始め、キャッシュレス化が進む中国で一足早くビットコインの真価が問われているのかもしれない。

【関連記事:ビットコイン 次の戦場は「プライバシー」だ! キャッシュレス社会の権力抑制も|暗号学者アダム バック氏に聞く

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B