仮想通貨のリスク許容度が影響か、英大手バークレイズ銀行が米取引所コインベースとの契約を終了

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨のリスク許容度が影響か、英大手バークレイズ銀行が米取引所コインベースとの契約を終了
 

仮想通貨のリスク許容度が影響か、英大手バークレイズ銀行が米取引所コインベースとの契約を終了

英大手銀行バークレイズ、米大手取引所コインベースとの契約終了

英大手バークレイズ銀行は、米大手仮想通貨取引所コインベースとの提携解消したことが明らかになった。仮想通貨取引所での英ポンドの入出金等でユーザーに影響が出る見込み。

英バークレイズ銀行、コインベースとの契約終了

英バークレイズ銀行と米コインベースの契約が終了した。米仮想通貨大手メディアのコインデスクが日本時間の今朝報じた

バークレイズ銀行は、英国ロンドンに拠点を置くグローバルバンクだ。同行は、米国サンフランシスコに拠点を置く仮想通貨取引所コインベース社との契約関係を終了したことが、関係者の話から明らかになった。

したがって、同契約が終了することによる同取引所のユーザーへの実質的な影響は大きい。仮想通貨の売買にあたってのイギリスポンドの入・出金が事実上ストップすることになる。現在そのプロセスは数日かかると、コインベースUKのCEOは発表している

これに対してコインベース社は、英国における振興企業クリアバンク社を代替として起用することを決めたが、何れにしてもユーザはしばらくの間、不便を強いられることになる。このクリアバンク社は英国におけるチャレンジャーバンクの一つである。同社がコインベースのFSPへの接続をQ3末までに完了する予定だ。

コインベース、大手銀行のご機嫌を損ねたか

銀行との提携、取引所のボトルネックに

英国におけるとある仮想通貨関連企業のCEOは次のように語る。

私は、バークレイズのリスク選好が若干弱くなったと理解している。その理由や、何がそうさせているのかはわからないが、彼らが好ましいと思わない何かがあった可能性がある。しかしそれは、概してバークレイズの仮想通貨に対するリスク許容度だ。

また、別の情報源からは、コインベースとバークレイズの提携は、単なるパイロットプログラム(実証実験プログラム)だったのではないかという見解もある。更にこの情報源は、この提携がバークレイズにとってはコインベースに対するコイン/トークン上場の抑止力となり、銀行が新しい資産を開発するまでの時間稼ぎになっていたと付け加えている。

いずれにせよ、両者からのコメントがない状態では、正確な理由はわからない。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B