米Seed CX子会社、世界初となる現物決済ビットコイン・スワップの試験導入実施

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米Seed CX子会社、世界初となる現物決済ビットコイン・スワップの試験導入実施
 

米Seed CX子会社、世界初となる現物決済ビットコイン・スワップの試験導入実施

米 SeedCXが現物決済ビットコインスワップUATテストを開始
米シカゴに拠点を置く仮想通貨取引所Seed CXの子会社は、仮想通貨における現物決済のビットコイン証拠金スワップのユーザー受け入れテストを開始した。機関投資家をターゲットにするという。

SeedCX、現物決済ビットコインスワップUATテストを開始

新着記事

機関投資家向けの米仮想通貨取引所Seed CXの子会社「Seed SEF」は、現物決済ビットコイン証拠金(マージン)スワップのユーザー受け入れテストを開始した。現物決済ビットコイン証拠金スワップとは、カスタマイズのできる、OTC(対面取引)にて取引されるデリバティブ契約である。

TheBlockの独占報道では、Seed SEFはユーザー受け入れテストを8月に実施し、テストの結果と規制審査を今後公開する予定としている。当商品は、米国でローンチする。

同社は過去18ヶ月、規制当局と緊密に協議・連携してきたことを強調している。最終承認が下りれば、Seed SEF社はビットコインスワップをセルフ承認し、クライアントに提供することができるという。

競争が迫る

関連ICEのCEO、待望のBakktが迫る

CoinFLEXは、BitMEXと同様にSeychellesに本社を置いており、CoinFLEXのCEOのMark Lamb氏はTheBlockに対して、米国市場を視野に入れていないと言及した。Lamb氏は当時、「米国の規制された仮想通貨先物市場の規模は全世界の仮想通貨関連デリバティブ市場の2%弱しか占めていない。一方、アジア市場は大規模である。」と説明している。

仮想通貨デリバティブ市場は盛んに発展している。つい昨日(13日)、取引所Coinbaseなどが出資している取引所「Blade」はBTC・アルトコインのスワップを提供する予定を発表した。Bladeは規制面などを理由に、米国ではサービスを提供しないという。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B