米SEC、3件のビットコインETF承認判断を延期。2件の最終判断は10月中旬

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米SEC、3件のビットコインETF承認判断を延期。2件の最終判断は10月中旬

(Image: K.unshu / Shutterstock.com)

米国証券取引委員会(SEC)は8月12日(米東部時間)、3つのビットコイン上場投資信託(ETF)の承認判断を延期した。

3つのETFはビットワイズ・アセット・マネジメント(Bitwise Asset Management)が提案した商品、ヴァンエック(VanEck)とソリッドX(SolidX)が提案する商品、そしてウィルシャー・フェニックス(Wilshire Phoenix)がつくるビットコインと米短期債に投資する信託。

6月に申請した「the Trust」の次の判断期限は9月29日で、さらに150日の延期が可能。

それぞれ1月に申請したヴァンエックとビットワイズに関しては、3回目の延期判断となり、これ以上の延期はできない。承認可否の最終判断は、ヴァンエックが10月18日、ビットワイズが10月13日となっている。

SECは、これまでに申請されたETFのいずれも承認していない。その理由として仮想通貨取引における「詐欺的で操作的な行為および慣行」に対する懸念を挙げている。

ビットワイズはこれらの懸念を軽減しようと、実際のビットコイン市場は小さく、厳格に規制されていることを示す複数のレポートを公表し、理解を求めている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B