リップル投資部門Xpring、米Coil社ウェブ収益化プラットフォームに助成金10億XRP支援

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

リップル投資部門Xpring、米Coil社ウェブ収益化プラットフォームに助成金10億XRP支援

(Image: Shutterstock.com)

Rippleの投資部門Xpring(スプリング)とウェブコンテンツの収益化を目指す米Coil社は8月15日、両社の提携を発表した。Coil社が開発を進めるXRPを含む仮想通貨によるマイクロペイメントを活用するウェブ収益化プラットフォームに、Xpringは10億XRP(270億円相当)の助成金を用意し支援をする。

ウェブ収益モデルの現在主流となる広告による収益モデルは崩壊しつつあるとし、Coil社はアーティストやビデオクリエーター、写真家、ジャーナリストなどのコンテンツクリエーターが、作品をウェブに公開することで収益が得られるプラットフォームの実現を目指している。

Coil社のプラットフォームは、Rippleが提唱するInterledger Protocol(ILP)を使用する。ILPは、異なる台帳やネットワークをまたがる支払を可能にする国際標準規格化プロジェクト。プラットフォームは、支払いの送受信にXRPまたは任意の仮想通貨を使用し、クリエイターにリアルタイムでマイクロペイメントを可能にする。

2019年5月に公開したCoil社のプラットフォームは、クリエイターが収益を目的とした公開コンテンツおよび限定コンテンツが投稿できる。また、簡単なタグを追加することにより、自身のウェブサイトでの収益化も可能になる。クリエイターをサポートしたい閲覧者は、月額5ドルのサブスクリプションでコミュニティに参加ができるのだ。ちなみにクリエイターには費用はかからない。

Xpringは、多くの閲覧者とクリエイターをCoil社のプラットフォームに引き入れるために、10億XRPの助成金を支援。プラットフォームを通じてXRPとILPの採用を増やし、ウェブによる新しい収益化モデルを通じてXRPを使用するクリエイター、開発者、企業、非営利団体のエコシステムにユーティリティと流動性を提供するために提携を決定した。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B