前回のビットコイン(BTC)下落時に大口クジラが「押し目買い」 Coinbaseの仮想通貨投資データを用いた指摘

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

前回のビットコイン(BTC)下落時に大口クジラが「押し目買い」 Coinbaseの仮想通貨投資データを用いた指摘
 

前回のビットコイン(BTC)下落時に大口クジラが「押し目買い」 Coinbaseの仮想通貨投資データを用いた指摘

クジラはビットコインを「押し目買い」の傾向
Coinbaseが提供を開始した投資データから、先日のビットコイン価格下落時にトップ10%の大口投資家の多くが「購入」していたことが判明した。海外で投資シグナルとして話題になっている。

クジラはビットコインを「押し目買い」の傾向

米大手取引所Coinbaseが新たに公開した3つのトレードシグナルから、先日のビットコイン価格下落の中で大量のビットコイン保有者の多くが「買い」でポジションをとっていたことがわかった。

米Coinbaseは、『仮想通貨投資家に質の高いトレードを』とのスローガンを掲げ、仮想通貨保有量がトップの投資家の動向や、ユーザーが売却や送金をするまでの仮想通貨の保有期間などの動向データの公開を行なっている。

新シグナルの1つ「トップホルダー・アクティビティ(トップ投資家の動向)」にて、Coinbaseのビットコイン保有量がトップ10%にあたるユーザーの内67%が、先日の下落相場の中で「買い」でポジションをとっていたことを示していたとアナリストのLarry Cermak氏が指摘した。

Coinbaseのシグナルの利用方法

このシグナルは、Coinbaseの特定の仮想通貨の最大保有者を分析し、過去24時間にポジションを売買したユーザーの数を明らかにしたものだ。

データプラットフォーム「Alternative.me」が提供する「恐怖と欲望指数」でも、ビットコインが30万円付近まで下落した2018年12月と同水準に当たる「極端な恐怖」まで市場のセンチメントが低下しており、投資家心理が底をついた可能性を示唆していた。

関連:仮想通貨市場のセンチメントが買いを示す「極端な恐怖」に

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B