今年最安値からの反発なるか 仮想通貨ビットコイン・イーサリアム・リップル(XRP)のテクニカル分析

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

今年最安値からの反発なるか 仮想通貨ビットコイン・イーサリアム・リップル(XRP)のテクニカル分析

今年最安値からの反発なるか 仮想通貨ビットコイン・イーサリアム・リップル(XRP)のテクニカル分析

今年最安値からの反発なるか 仮想通貨ビットコイン・イーサリアム・リップル(XRP)のテクニカル分析

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。

BTC/USD

ビットコインは15日、9517.57ドルから反発した。ポジティブなサインだ。強気派は押し目買いを狙うのに熱心なようだ。反発が続くのか、勢いが無くなるのか、注目だ。

BTC/USD

(出典:TradingView

もし2つの移動平均線を今後2、3日で超えなかったら、再び9080ドルまで下がるかもしれない。何度も同じサポートまで下落することで、そのサポートは弱くなる。次は、7451.63ドルだ。そうなれば、投資家心理を冷やすことになり、上昇相場の再開が遅れるかもしれない。

しかし、次に9080ドルまで下がる時に積極的な買いが入ったら、我々は再びロングポジションを提案するかもしれない。リスクが低い買いの機会になるかもしれないからだ。上昇局面の最初のターゲットは1万2000ドル、その上では今年最高値に挑戦することになる。しかしもし1万2000ドルを超えなかったら、レンジ相場が2、3日続くことになるかもしれない。

2つの移動平均線は横ばいでRSI(相対力指数)は50の下だ。買い手と売り手との間でバランスが取れている。

ETH/USD

イーサリアム(ETH)は14日に重要なサポートである192.945ドルを下回った。これは弱気サインだ。次のサポートである164ドルへの下落の扉を開けてしまった。

2つの移動平均線は下がり気味で、RSIは売られ過ぎの水準だ。弱気派が強い。

ETH/USD

(出典:TradingView

現在、強気派は192.945ドル復活を目指している。20日間EMA(青色)と50日間SMA(赤色)でレジスタンスに合うだろう。もし双方とも突破すれば、320.84ドルまで上昇もありえる。

我々は今後2、3日の間、買い手が戻ってくるかを確かめる。

XRP/USD

XRPは14日に重要なサポートである0.27795ドルを下回り、15日には今年最安値の0.225ドルまで下がった。弱気サインだ。強気派は、まだ下がると考えている可能性があり、積極的な買いを入れていない。

XRP/USD

(出典:TradingView

2つの移動平均線が下がり気味でRSIは売られ過ぎの領域。弱気派がしっかり定着している。しかし、重要な水準を下回った後には、プルバックによる上昇相場が見られるものだ。もしすぐに0.27795ドルを回復すれば、今回の下落はベアトラップであり、買い機会だったことになる。

しかし、もし0.27795ドルを回復できなければ、再び下落を始め、0.19ドルを目指すことになる。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

市場データは、HitBTCから提供されています。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B