「15万円のアマギフ」仮想通貨取引所騙る不審サイトで個人情報狙う JVCEAが注意喚起

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「15万円のアマギフ」仮想通貨取引所騙る不審サイトで個人情報狙う JVCEAが注意喚起
 

「15万円のアマギフ」仮想通貨取引所騙る不審サイトで個人情報狙う JVCEAが注意喚起

BTCボックス騙る不審サイトに注意
BTCボックスの代表者や住所を使用した不審サイトに対してJVCEAなどが注意喚起をしている。抜き取られた個人情報が振り込め詐欺などに悪用される可能性もあり警戒が必要だ。

BTCボックス騙る不審サイトに注意

現在、仮想通貨取引所BTCボックスの代表者名と住所を使用して、個人情報を抜き取ろうとするサイトが確認されており、BTCボックスとJVCEA(日本仮想通貨交換業協会)が注意喚起している。搾取された情報が、振込め詐欺等に利用される可能性もある。

以下がそのサイトの内容である。Amazonギフトカードをプレゼントすると謳い、その条件として顔写真付きの身分証やそれと一緒に撮られた本人の顔写真など、取引所の開設に必要な情報を搾取する手口だ。

自身でできるフィッシングなどへの対策

個人情報を搾取して悪用を試みる者は常にいて、誰もがその被害者になり得る。そこで大事になるのが、どのような手口があるのかを知り、自身でも対策を講じることだろう。

ただしここ最近は、「ホモグラフ攻撃」と呼ばれる、URLのホスト名の文字として真正なサイトに酷似した文字を用いて偽装するなど手口も巧妙化しており、URLの先頭にある「HTTPS」の確認や、URLに鍵マークがついているからといって過信は禁物だ。実際以下の例のように、一見みただけではその違いを判別することは難しい。(ドメイン名の「.com」をギリシャ文字の「ο(オミクロン)」に変更した例)

そのような手口の他にも、偽ウォレットアプリや、確認コードを聞き出そうとするなどの不審な電話にも注意が必要だ。怪しいと思ったものについては、企業に直接確認してみる必要もある。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B