仮想通貨取引所Coinbaseを襲った過去の標的型攻撃 最高情報責任者の報告を読み解く

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨取引所Coinbaseを襲った過去の標的型攻撃 最高情報責任者の報告を読み解く
 

仮想通貨取引所Coinbaseを襲った過去の標的型攻撃 最高情報責任者の報告を読み解く

Coinbaseへの標的型攻撃
過去に起きた米Coinbaseへの標的型攻撃。最高情報責任者が公開した内容をセキュリティに詳しいエンジニアが読み解く。

ハッキングされた大学ドメイン経由の攻撃

Coinbaseは、ゼロデイの脆弱性を組み合わせた標的型の攻撃を受けていたとして、最高情報責任者 Philip Martin氏のブログ記事を公開した。

この件については、6月19日にtwitter で第一報を共有しており、後日詳細を開示すると伝えていたものだ。

5月30日木曜日、複数のCoinbase従業員が、ケンブリッジ大学の研究助成金管理者である Gregory Harris からの電子メールを受信しました。このメールはケンブリッジの正当なドメインから送信されたもので、悪いものは含まれておらず、スパム検出機能も通過しました。次の数週間にも、同様にメールを受信しました。何もおかしな要素はありませんでした。

6月17日午前6時31分に、Gregory Harris は別のメールを送信しましたが、これは異なるものでした。Firefoxで開いた場合に、マシンを乗っ取ることができるマルウェアをインストールする URL が含まれていました。

ブログは上記のように始まっており、5月から2週間以上にわたって注意深く攻撃を行われていたことが示唆されている。

Coinbase セキュリティチームは数時間のうちに攻撃を検出してブロック。スピアフィッシングおよびソーシャルエンジニアリングを用い、クリティカルな Firefox の2つの脆弱性を狙った、高度な標的型攻撃であったことを確認したという。

5人まで絞り込まれた標的型攻撃

攻撃に用いられた脆弱性

2段構えの攻撃

その後の対応

まとめ

攻撃者が最初にケンブリッジアカウントにアクセスしたのはいつか、アカウントが乗っ取られたのか作成されたのかはわかっていない。電子メールアカウントに関連付けられたIDはオンラインでは見つかっておらず、関連付けられた LinkedInプロファイルは偽物とみられている。

その後、ゼロデイ攻撃を仕掛ける対象を選別し、5人に向けてマルウェアをインストールするURLを含んだメールを送った。

利用された 2つのゼロデイ脆弱性は、Firefox ブラウザの問題を突くもので、それぞれ 6月19日(CVE-2019-11707)、6月20日(CVE-2019-1170)に公開されたものだ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B