恐怖指数が昨年12月以来の低水準を示す中、クジラはBTCとXRPを蓄積

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

恐怖指数が昨年12月以来の低水準を示す中、クジラはBTCとXRPを蓄積

恐怖指数が昨年12月以来の低水準を示す中、クジラはBTCとXRPを蓄積

恐怖指数が昨年12月以来の低水準を示す中、クジラはBTCとXRPを蓄積-仮想通貨ニュースサイト コイン東京

過去一年間のBTCUSD

過去1年間のFear&Greed Index

米国の仮想通貨取引所コインベースのデータによると、8月15日の急落の最中、ビットコイン(BTC)とリップル(XRP)の大口投資家の大半が、デジタル資産を買い続けていました。

コインベースの「上位保有者の活動シグナル(Top holder activity)」は、資産残高上位10%過去24時間の取引活動を通じた資産毎のポジションの純増減(購入)または減少(売却)を表します。これは約2時間ごとに更新されます。

Alternative.meが提供するFear&Greed Index(恐怖と欲望指数)は、5つの情報源から日々のデータを収集しています。主にビットコイン価格とニュースの影響を受けて変動します。

14日に、指数は「Extremely Fear(極端な恐怖)」の範囲に移行して過去244日間で最低レート(100中11)に達しました。これは、BTC価格が3,000ドルに低下した2018年12月13日以来の水準です。

指数の減少は、ビットコインの価値の急落に反応しています。8月6日に指数は強欲を示す66に達していました。

強欲指数は弱気トレンドへの転換リスクを示し、反対に強い恐怖は上向きへの反転を示唆します。 Alternative.meの専門家によると、現在の市場状況はデジタル通貨を獲得する希有な機会を提供しており、クジラはこれを利用しています。

8月15日から16日のコインベースのデータでは、ビットコイン大口ホルダーの71%が高いボラティリティの中で、BTCを購入し続けた事が示されています。XRPの大口投資家の場合は83%に達しました。大口投資家は恐怖の中で、着実に保有量を増加させました。

したがって、2つのシナリオが考えられます。

・クジラが将来のポジティブな見通しに基づいて低価格で購入した場合、デジタル資産の価格は上昇し始める。
・クジラが次のダンプのためにコインを購入した場合、デジタル資産の価格は下がり続ける。

特にXRPの取引量は8月15日から16日の間に21億ドルから11億ドルへとほぼ半減しており、トークンの購入量はされほど大規模ではないかもしれません。一方、昨年12月の上昇前に、XRPの価値は約25%低下しました。したがって、反転の兆しは現時点で残されています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B