バイナンスがフェイスブックの仮想通貨「Libra」の独自版「Venus」構想を発表、協力組織を誘致

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

バイナンスがフェイスブックの仮想通貨「Libra」の独自版「Venus」構想を発表、協力組織を誘致

バイナンスがフェイスブックの仮想通貨「Libra」の独自版「Venus」構想を発表、協力組織を誘致

バイナンスがフェイスブックの仮想通貨「Libra」の独自版「Venus」構想を発表-仮想通貨ニュースサイト コイン東京

19日に仮想通貨取引所バイナンスは、暗号通貨「Venus」を発行する計画を発表しました。バイナンスはVenusを、フェイスブックの仮想通貨「Libra」の地域バージョンと定義しています。

Venusについて詳細は説明されていませんが、バイナンスは、世界規模で強い影響力を持つ政府、企業、および組織をより多く招致し、イニシアチブのために協力したいと述べています。

バイナンスはこれまでに、世界中の多くの国や地域の規制当局と協力してきたことを強調しています。

“マルタがグローバルなブロックチェーン国家になるのを支援し、アフリカではBinanceウガンダを設置しました。シンガポールでは、フィアットで投資を受けており、東南アジア全体に広がる完全に準拠した現地取引プラットフォームを立ち上げました;。ラテンアメリカやオーストラリア、そして米国でも強いパートナーネットワークを有し、規制ロジックに精通しています。”

また、バイナンスは独自のブロックチェーン「バイナンスチェーン」を活用する事を示唆しています。

“バイナンスは、既に安定かつ安全に稼働しており、ビットコインBTCベースに新しいステーブルコインの安全な運用のために、パブリックチェーン技術と国境を越えた支払いシステムを確保しています。最新のブロックチェーンはのステーブルコイン(BTCB)と英ポンドベースのステーブルコイン(GBPB)を発行しています。”

バイナンスは、フルプロセスのテクニカルサポート、規制に準拠したリスク管理システム、および多チャネルの協力ネットワークにより、「Libraの地域バージョン「Venus」の成長を支援する」と述べています。同社は、関心を持つ企業からの接触を期待しており、専用のメールアドレスを告知しました。またマルタを例に、ブロックチェーン分野で先駆けて展開する事の利点を訴えていました。

今年6月に計画が発表されたフェイスブックの仮想通貨Libra(リーブラ)は、フェイスブックを筆頭に、MasterCard、Uberなど、名だたる企業29社が参加するAssociationが開発、運営するコンソーシアム型のステーブルコインです。

各国政府や規制当局に批判を受けて、Libraプロジェクトリーダーのデイビッド・マーカス氏は、規制に完全に準拠する前にLibra通貨を発行しないことに同意しました。しかし、これはフェイスブックがLibraプロジェクトを放棄するという意味ではありません。Libraは規制当局と緊密に連携して最大限の合意を得るために、洗練されたロビーチームを雇っています。

最近、中国のエコノミストZHANG Rui氏は、「Libraが市場を動かし、デジタル通貨の再認識、商業化を促進し、ブロックチェーン技術の大量採用をさらに促進する」と評価しました。

広東理工師範大学の経済学教授であるRui氏によると、「フィアットを越えた」通貨になるというLibraの野望は、デジタル通貨の開発における民間部門と国家部門間の協力を潜在的に促進します。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B