中国深川経済特区の開発計画、デジタル通貨の実証ゾーンを盛り込む

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

中国深川経済特区の開発計画、デジタル通貨の実証ゾーンを盛り込む

中国深川経済特区の開発計画、デジタル通貨の実証ゾーンを盛り込む

中国深川経済特区の開発計画、デジタル通貨の実証ゾーンを盛り込む-仮想通貨ニュースサイト コイン東京

8月18日、中国共産党中央委員会は、深川経済特区実証ゾーンの開発計画を発表した。中国の特徴を備えた社会主義型の先駆的なデモゾーンを構築する。これにデジタル資産と人民元ベースのデジタル通貨に関する調査とプロモーションが盛り込まれた。

今年7月、中国政府による第9回改革総会で「中国の特色を備えた深川の先駆的実証区域を支援するための意見」が採択された。2025年までに、深川の経済力と開発品質を世界トップにランクさせ、2035年までに開発力を国家モデルに意向させる計画だ。

開発計画には、5G、人工知能、サイバースペースの科学と技術、生命情報と生物医学研究所、その他の主要なイノベーションと共に、デジタル資産が含まれている。中国の報道機関STCNによると、デジタル資産に関する開発は以下のように概説された;

「ファンド商品の相互認識。香港とマカオの金融市場における相互運用性と金融商品(資金)の相互承認を促進する。人民元の国際化を促進するため、革新的な国境を越えた金融監督の達成を優先する。人民元の国際化を促進するために、私たちはまず革新的な国境を越えた金融監督を試みます。」

中国共産党中央委員会と国務院は、深川でデジタル通貨の検索やモバイル決済などの革新的なアプリケーションをサポートすると付け加えた。

コインデスクのアナリスト、セブシンクレア氏は、「中国のR&Dが暗号化技術とブロックチェーン技術に拡大し始めることは潜在的に非常にポジティブなアイデア」と指摘した。

8月10日、中国人民銀行(PBoC)は、金融機関グループ会議で中央銀行のデジタル通貨(CBDC)を間もなく開始すると発表した。中国の中央銀行PBoCの支払い・決済部門の副チーフであるMu Changchun氏は、CBDCのプロトタイプが既に存在し、PBoCデジタルマネー・リサーチグループはブロックチェーンアーキテクチャを既に導入していると述べた。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B