南米コロンビア調査、仮想通貨投資に予想を超える好感度 80%が投資に躊躇いなし

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

南米コロンビア調査、仮想通貨投資に予想を超える好感度 80%が投資に躊躇いなし
 

南米コロンビア調査、仮想通貨投資に予想を超える好感度 80%が投資に躊躇いなし

コロンビアの現地仮想通貨調査
コロンビアの調査で、仮想通貨に期待感を示している人物が想定以上に多いことがわかった。投資に対しても高い好感度を示している。その背景には?

コロンビアで好感されるビットコイン投資

米ニューヨークに拠点を置くビットコインP2P取引プラットフォーム「Paxful」が発表した南米コロンビアの仮想通貨事情に関する最新レポートによると、コロンビア人の大半が仮想通貨に慣れ親しんでいるだけでなく、その将来性に大きな期待を寄せている状況が明らかになった。91%が「デジタル通貨は世界貿易の未来」と回答したという。

世界で80万人を超えるユーザーベースを持つPaxfulにとって、昨年に比べ70%の取引増加を記録したコロンビアは、大変有望な市場だと南米担当責任者のMagdiela Rivas氏は述べているが、今回の調査結果もその見通しを裏付けるものとなった。

また、回答者の58.7%が仮想通貨の採用件数は増え続けると信じており、11%はこのシステムを支援する強い動きがあると考えているようだ。

さらに、仮想通貨に対するイメージは、概ね肯定的なものだ。

南米とコロンビアにおける仮想通貨支援の動き

調査対象者のうち、25歳から40歳のグループでは、その50%以上が、ビットコイン(79%)、イーサリアム(3%以上)、バイトコイン(Bytecoin:5%弱)等にすでに投資経験を持っているか、投資に関心があると回答している。

なお、20%弱の回答者が、金融の代替手段として仮想通貨を利用することに抵抗感を持っており、そのうちの約40%が取引に関する知識がないため、投資をためらうと答えている。また、仮想通貨に対する不信感(32%超)や規制の欠如によるリスク(6.5%)等もその理由となっている。

南米では、ベネズエラのハイパーインフレによる法定通貨ボリバルの機能不全や、直近では政情不安によるアルゼンチンペソの暴落などにより、ビットコインをはじめとする仮想通貨の有用性に注目が集まり、需要が急増している。

また、アメリカへの違法入国者問題で、送金チャンネル封鎖などの懸念が指摘されるメキシコや、通貨不安を抱えるブラジルでも、ビットコイン取引高の上昇が見られるようだ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B