米ビットコイン投資信託のプレミアムがBTC現物価格の下落余地を暗示か

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米ビットコイン投資信託のプレミアムがBTC現物価格の下落余地を暗示か
 

米ビットコイン投資信託のプレミアムがBTC現物価格の下落余地を暗示か


GBTCプレミアム、BTC価格の上方乖離を示唆
米グレースケールの投資信託「Grayscale Bitcoin Trust」のプレミアムが、BTC価格の過大評価を示唆した。適正価格として、8,000〜10,000ドルが導き出された根拠とは。

GBTCプレミアム、BTC価格の上方乖離を示唆

米大手仮想通貨投資ファンド、米グレースケール・インベストメンツの投資信託「Grayscale Bitcoin Trust(GBTC)」のプレミアムが、過大評価を示唆した。ビットコイン(BTC)の価格帯は、19日昼時点で10,400ドル(110.6万円)ほどで推移している。

ファンドマネージャー兼アナリストのティモシー・ピーターソン氏は、グレースケールの「Grayscale Bitcoin Trust(GBTC)」における需要を示すプレミアム(価格乖離)をBTC価格と関連付けて分析するモデルをTwitter上で公開した。

ツイート情報を参照すると、赤色のチャートと左のメモリがBTC現物価格を示し、グレー色のチャートと右側のメモリがGBTCのプレミアムの値を示している。これらの相関性を比較すると、極めて高い相関性を示しており、GBTCの需給関係がビットコインの現物価格の行く末を暗示しているとの指摘だと思われる。

機関投資家の需要拡大

同金融商品は、1受益証券当たりのビットコイン保有比率が、ビットコイン市場価格に連動する投資成果を目指すもので、仮想通貨特有の問題である「秘密鍵」の漏洩・ハッキングリスクなどは皆無であり、その需要の高さから「高いプレミアム(価格乖離)」が常態的に発生した。

なお、グレースケール社の2019年第2四半期における投資運用資産額は過去最高を記録し、27億ドル(約3000億円)に及び、Q2では、グレースケールの提供する10の投資商品が全て初黒字となった。

2018年7月〜2019年Q2までに自社投資商品を投資を利用した投資家の84%が機関投資家であったとしている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B