「価格や印象操作」の懸念がある銘柄 仮想通貨出来高とツイート数の乖離から指摘ー米データ分析企業

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「価格や印象操作」の懸念がある銘柄 仮想通貨出来高とツイート数の乖離から指摘ー米データ分析企業
 

「価格や印象操作」の懸念がある銘柄 仮想通貨出来高とツイート数の乖離から指摘ー米データ分析企業

取引量が少ないのにツイート数が多い銘柄
米The TIE社が、仮想通貨のツイート数と出来高の乖離から誇張度合を調査した。取引量が少ない銘柄の中で、ツイート数が多い銘柄を特定、価格操作の可能性を分析する際などに役立つツールとして結果を発表している。

取引量とツイート数を比較

仮想通貨のデータを分析する米The TIE社が、Twitterの投稿を分析し、仮想通貨に関するツイートの誇張度合について調査を実施した。

具体的には、「どの銘柄が一番価格操作されているか」、「自動でツイートをするアカウントからの投稿が多いのはどの銘柄か」、「過度に反応がある銘柄はどれか」という調査だ。

本調査は、各銘柄についてハッシュタグ(#)がついたツイートを対象に実施し、450種類の仮想通貨を対象としている。取引高100万ドル(約1億700万円)につき、どのくらいのツイート数があるかを算出、その数の大きさで誇張の度合を示している。全体の銘柄の平均値は取引高100万ドルにつき、約1ツイートだという。

Twitterの調査結果

取引が少ない銘柄であるのに対して、TokenPayのようにツイート数だけが極端に多いとケースは、その銘柄に関して、自動BOTや偽フォロワーが投稿をしている可能性があり、出来高の水増しと同様、価格やイメージが操作されている可能性が高いと指摘する。

また人工的なツイートで銘柄をサポートするアカウントは、Twitterのフォロワー数も多い傾向にあり、アカウントのフォロワー数を購入して水増ししている可能性があると見ている。

例えば、大手仮想通貨取引所BitMEXが、フォロワー数約6万5000アカウントなのに対し、仮想通貨エレクトロニウム(ETN)についてツイートをする「electroneum」のアカウントは、約12万8000のフォロワー数に達している。レポートでは、ETNは100ドルの取引高に対するツイート数が678.8に上り、誇張の大きい銘柄で今回2位にランクインしていることを指摘しており、これらの例に該当するものと見ている。

ツイートが平均値を推移する通貨のトップ5にランクインしたのは、テザー(USDT)、イオス(EOS)、イーサリアムクラシック(ETC)、COSMOS(ATOM)、ネオ(NEO)だ。テザーは世界最大手の仮想通貨取引所の多くが基軸通貨としても採用しているが、ツイート数は比較的少ないという。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B