ビットコイン、金融危機直後は「価格面で苦戦」米仮想通貨投資家が予想

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン、金融危機直後は「価格面で苦戦」米仮想通貨投資家が予想

ビットコイン、金融危機直後は「価格面で苦戦」米仮想通貨投資家が予想

ビットコイン、金融危機直後は「価格面で苦戦」米仮想通貨投資家が予想

ブロックチェーンキャピタル社のパートナーであるスペンサー・ボガート氏は、21日にブルームバーグに出演し、長期的に見たらビットコインは安全資産だが、実際に金融危機に直面した時には「価格面で苦戦する」という見方を示した。

米中貿易戦争の激化や中央銀行による「通貨の冷たい戦争」が懸念される中、資産の逃避先としてビットコインが選ばれるか議論になっており、賛否両論出ている。

ボガード氏は、金融政策による通貨安の進行は、ビットコインの上げ材料になると予想した。

「長期的には、ビットコインは間違いなく安全資産だ(中略)通貨安が進行するリスクが見えてくると、ビットコインはかなり魅力的に見えるはずだ。そして、それが、最近の価格急騰の大きな原動力になっていたと考える。」

ただ、ボガード氏は、実際に金融危機に直面した時、ビットコインは「価格面からは苦戦する」とみている。

「本当に深刻な危機が訪れた時、流動性がなくなって世界で金融危機が再び起きる時、ビットコインは価格の観点からは苦戦すると思う。一方、実用面ではうまく機能し、銀行破綻などの受け皿になるだろう。長期的には安全資産としての地位を獲得するだろう」

米仮想通貨分析企業メサーリの研究者、ダン・マクアードル氏は、今月8日「BTCが2008年~2011年の金と同じような動きをしても驚かない」と発言。当時の金は、金融危機に対する恐怖から急騰し、その後、流動性の危機から急落。さらにその後、「債務や通貨に対する本当の恐怖心が芽生えることで」再び上昇した

【関連記事:「仮想通貨ビットコインは2008年後の金と同じ動き」メサーリ研究者、次の危機後の値動きを予測

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B