ビットコインは「電子金融取引」の枠組みで規制するべきー米国務長官が見解示す

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコインは「電子金融取引」の枠組みで規制するべきー米国務長官が見解示す
 

ビットコインは「電子金融取引」の枠組みで規制するべきー米国務長官が見解示す

ビットコインと電子金融取引
マイク・ポンペオ米国務長官が、ビットコイン規制は電子金融取引に適応されている枠組みと同様の規制を課すべきだとのの立場を明らかにした。仮想通貨が係る国家安全保証の問題についても見解を述べた。

ビットコインは「電子金融取引」の枠組みで規制すべき

マイク・ポンペオ米国務長官は、ビットコイン規制に関しては、電子金融取引に適応されている枠組みと同様の規制を課すべきだとのの立場を明らかにした。

8月20日、米経済番組CNBC「Squawk Box」に出演したポンペオ国務長官は、規制が難しいとされるビットコインをどのように扱うべきかとの質問に答えた。

その上で、「SWIFTまたは金融機関を流れるものに適用される一連の要件が、これらの取引にも適用されるべきだ。 確かに難しいことは認めるが、それこそが、我々が適用すべき規制理論だ。」と言及し、電子金融取引として規制することの必要性を強調した。

安全保障と仮想通貨

ビットコインなどブロックチェーンの(アドレス保有者がわからない状況下での)秘匿性は、国家安全上の問題が生じる可能性が指摘されるなど、犯罪利用で度々議論されるトピックだ。今回のSquawk Boxでは、テロの観点から見たビットコインを米国務長官がどのように見ているか、貴重なインタビューが行われた。

現在では、この情報にアクセスできるようになったことで、世界全体を安全に保ち、テロや、その他の非道な活動、犯罪活動との戦いに役立ったことを明かした。「情報を守るグローバル金融システムを維持すること」が不可欠だと強調した。

7月24日の同番組のインタビューで「ビットコインは多くの不法行為に使われている」と発言したムニューシン米財務長官とは異なり、具体的な名言は避けた格好だ。

ムニューシン財務長官は、先月開かれた記者会見において、ビットコイン等の仮想通貨を利用した、億ドル単位に及ぶ不正行為は「国家安全保障上の問題」だとも述べている。

なお、ポンペオ、ムニューシン両長官は、アメリカにおける、より徹底した仮想通貨規制に対しては意見を同じくしている。 ムニューシン財務長官は、すべての仮想通貨を対象とした規制を検討中で、国内の関連機関と連携し、統一したアプローチを取ることで、アメリカの金融システムを安全なものとしたいと述べ、これから多くの規制が政府機関から出てくるだろうと述べている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B