中国人民銀行のデジタル通貨はLibraより早く実現へ、Libraのモデルを汲む見立て

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

中国人民銀行のデジタル通貨はLibraより早く実現へ、Libraのモデルを汲む見立て

中国人民銀行のデジタル通貨はLibraより早く実現へ、Libraのモデルを汲む見立て

中国人民銀行のデジタル通貨はLibraより早く実現へ-仮想通貨ニュースサイト コイン東京

中国で最初の中央銀行のデジタル通貨(CBDC)の立ち上げのために複数のアプローチがテストされている。と月曜日に中央銀行に近しい専門家は述べた。

一部の地域で進行中の試験に基づいてCBDCを導入する時期が近づいている。人物はまた、フェイスブックのデジタル通貨Libra(リブラ)の公表により、中国の規制当局はCBDCのモデルを再考する可能性があると付け加えた。彼らは、政府支援通貨の作成に民間機関のより多くの参加を期待しているという。

中国の中央銀行PBoCの支払い・決済部門の副チーフであるMu Changchun氏は、CBDCのプロトタイプが既に存在し、PBoCデジタルマネー・リサーチグループはブロックチェーンアーキテクチャを既に導入していると、1週間前にフォーラムで述べた。

専門家は、うまく進展すれば中国政府が支援するデジタル通貨がLibraの公式発行よりも早く登場するかもしれないと予測した。中国人民大学の金融技術およびサイバーセキュリティ研究センター所長のヤン・ドン氏は、中国デイリーに以下のように語った。

「フェイスブックは6月にデジタル通貨Libraの計画を発表した。PBOCは、この計画の影響を受けた可能性があります。中国の金融規制当局間の議論を巻き起こし、CBDCの開発および発行プロセスにより多くの非政府機関が関与する可能性のある、さまざまなモデルを再考するように設計者を駆り立てました。Libraからインスピレーションを得て、中国のCBDCを正式に発行する前に、さらにテストが必要です。」

「次のパイロットは、CBDCを使用する非政府および国境を越えたシナリオにフォーカスする必要があります。民間企業や国有企業を含む複数のプレーヤーは、中央銀行と共にこのプロセスに参加できます。」

ヤン氏は、試験に関与する企業の名前の開示を拒否した。

Mu氏によると、Libraの組織構造は、PBoCがデジタル通貨および電子決済システム用に設計した構造と、ある程度似ています。

Libraは、複数ヵ国のフィアット準備金に完全に支えられます。また、世界の決済大手で​VisaやMastercardなど、27の企業と事業体を創設者とするグローバルネットワークを構築する予定です。このネットワークは、2020年に予定されている打ち上げまでに、最終的に100社のメンバーを集めることを目指しています。

中国のCBDCは中央銀行によって管理され、利用者は商業機関でデジタル通貨を交換することができます。PBoCの関係者によると、CBDCは商業機関が中央銀行に支払う準備金に100%支援されます。

China UnionPayの会長で元PBoCの役人であるシャオ・フジュン氏は、CBDCの潜在的な形式と計画はさまざまであり、まだ議論中であると述べた。金融政策と為替政策における国際的な調整など、課題も残されています。

PBoCは、今年下半期の作業計画で中国の法定デジタル通貨の調査を促進し、海外と国内で仮想通貨発展の動向を監視すると述べた。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B