韓国の仮想通貨取引所、取引量減少で97%が破綻危機 韓国市場で何が起きている?

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

韓国の仮想通貨取引所、取引量減少で97%が破綻危機 韓国市場で何が起きている?
 

韓国の仮想通貨取引所、取引量減少で97%が破綻危機 韓国市場で何が起きている?

韓国の仮想通貨取引所、取引量減少で97%が破綻の危機との見解も
韓国で多くの仮想通貨取引所が破綻危機に陥っている。韓国メディアBusiness Koreaが報じた。韓国市場で何が起きているのか?状況を解説した。

韓国の仮想通貨取引所、取引量減少で97%が破綻の危機との見解も

韓国の専門家は、「国内のブロックチェーンプロジェクトは、取引高減少など国内取引所の厳しい状況を受け、韓国ウォンの通貨ペアを持つ海外取引所に上場するなど、海外流出リスクが高まっている」と指摘した。韓国メディアBusiness Koreaが報じた。

韓国の早期スタートアッププロジェクトの中には、初めから海外の取引所に上場を行うプロジェクトが増加しており、韓国取引所に上場するプロジェクトも、海外での上場に動いているという。

プロジェクトが国外に流出する理由には、韓国の取引所に関わる規制強化とユーザー離れの実情がある。

流出の背景

国外取引所が囲い込みに動く

「実名登録システム」が2018年1月に施行されて以降、対応を迫られた銀行は、Upbit、Bithumb、Coinone、Kobitの4取引所のみ対応。国内の多くの中小取引所は未だ対応されていない状況を示している。

これらの影響は、国内仮想通貨市場における悪循環を作り出した。

一時、国際市場で大きなシェアを獲得する韓国市場は、アルトコインバブルを支えた主要マネーの一種であったが、現在では世界の出来高ランキングにランクインする取引所はUpbitやbithumb(ビッサム)など最大手5〜6つで、97%もの取引所が出来高不足を理由に経営破綻の危機に陥っているという。

実際に8月9日、韓国の仮想通貨取引所Prixbitは、経営不振から暗号資産取引サービスなど業務停止に追い込まれた事例が確認されている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B