Tezos財団、福岡Cryptoeconomics Lab社に助成金を付与

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

Tezos財団、福岡Cryptoeconomics Lab社に助成金を付与

(Image: Shutterstock.com)

Tezos Foundation(以下、Tezos財団)は8月19日、仮想通貨Tezos(テゾス/XTZ)のブロックチェーン向けのPlasmaを開発するために、福岡のブロックチェーン関連企業Cryptoeconomics Lab社に対して助成金を付与したことを発表した。Tezos財団は、Tezosのエコシステムに対して有効なプロジェクトに資金提供している。Cryptoeconomics Lab社は、Ethereumのスケーラビリティ問題を解決するためのPlasma技術を応用してセキュリティ、スケーラビリティおよびユーザビリティを保証するDApps開発フレームワーク「Plasma Chamber」を開発する企業。

Plasmaは、ブロックチェーンの取引処理を向上させるレイヤー2技術。Cryptoeconomics Lab社は、Plasma Groupが提案する仕様に従いPlasmaを開発し、実装を目指す。この実装は、同社のPlasma-Rustフレームワークに統合される予定だ。また、同社はAndroid向けのウォレットアプリを開発し、Tezosをアプリ開発ツールセットのPlasma Chamberに統合することを明らかにした。

Tezosは、BitcoinやEthereumの問題点を解決するために作られた仮想通貨(ブロックチェーン)。仮想マシンMichelson(スマートコントラクト記述言語)によってスマートコントラクトを設計することができる。合意形成には、Delegated Proof of Stake(DPOS)という方法を採用する。マイニングが不要、特定のハードウェアも不要で、10000XTZのTezosを1票として、誰でも合意形成に参加が可能な仕組みだ。

また、Tezosはガバナンス問題をオンチェーンでの投票メカニズムを通して解決することができ、ハードフォークを必要とせずにブロックチェーンの仕様を変更することができるなど、次世代ブロックチェーンの1つとして注目されているが、Tezos財団はTezosプロトコルとエコシステムの長期的な成功を目標に、さらなる支援を続けていく。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B