[cryptopack id="115"]

セキュリティトークンに進展 米SECがブロックチェーン企業の証券代行業務を認可【フィスコ・ビットコインニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

セキュリティトークンに進展 米SECがブロックチェーン企業の証券代行業務を認可【フィスコ・ビットコインニュース】

 

セキュリティトークンに進展 米SECがブロックチェーン企業の証券代行業務を認可【フィスコ・ビットコインニュース】

2019/08/22 15:52

セキュリティトークンの米スタートアップ企業Securitizeが、米証券取引委員会(SEC)から証券代行の認可を取得した。

証券代行とは、株主の名簿管理や配当金の支払いなど、会社の株式に関する業務を事業会社に代わって行うことを指す。Securitizeによると、ブロックチェーンを利用している企業で、SECからの証券代行の認可を取得したのは初めてだという。

Securitizeは、リップル社の投資部門Xpringや米仮想通貨取引所コインベース、日本のVCであるGlobal Brainから出資を受けている企業だ。

今回の認可でSecuritizeは、有価証券の所有者を変更した履歴も公式に管理できるようになる。資産の移転を追跡できるというブロックチェーンの特長を考えた場合も、今回の認可は有益だと説明した。

SecuritizeのCEOであるCarlos Domingo氏は、SECの認可取得について、以下のように語っている。

「今後はブロックチェーン上で発行するセキュリティトークンの量を増やすことができる。SECから認可を取得したことで、顧客に安心感を与えられるようになったからだ。」

SECが認可した有価証券の移転の記録には、通常1回につき約150ドル(約1万6000円)の料金がかかるが、Securitizeは無料で引き受けると申し出ている。有価証券の管理や、有価証券の価値に影響を与えるような財務活動には今後も料金を課していくという。

またDomingo氏は、10日ほどで認可が確定するSECの手続きが、約6ヶ月かかったと説明。SECがスマートコントラクトの仕組みについて理解するのに時間がかかったと、その理由を明かした。

(記事提供:コインポスト)
CoinPost(コインポスト)は、日本最大級の仮想通貨・ブロックチェーン総合情報メディアサイトです。国内外の情報を迅速に捉え、考察も含めたオリジナル記事を配信しています。

<SI>

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/3553

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。