不意打ちに注意 仮想通貨ビットコイン・イーサリアム・リップル(XRP)のテクニカル分析

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

不意打ちに注意 仮想通貨ビットコイン・イーサリアム・リップル(XRP)のテクニカル分析

不意打ちに注意 仮想通貨ビットコイン・イーサリアム・リップル(XRP)のテクニカル分析

不意打ちに注意 仮想通貨ビットコイン・イーサリアム・リップル(XRP)のテクニカル分析

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。

BTC/USD

ビットコイン(BTC)は、2つの移動平均線を下回った。2つの移動平均線は隣り合う形で横ばいで推移している。RSI(相対力指数)はネガティブな領域に入った。買い手と売り手のバランスが取れているのだろう。

BTC/USD

(出典:TradingView

現在は保合いが続いているが、強気派は重要なサポートである9080ドルを死守しなければならないだろう。なぜなら、ここを下回れば、7451.63ドルまで急落するかもしれないからだ。サポート下回れば、積極的だった多くの強気派たちが不意を突かれることになり、投資心理が大きく損なわれるだろう。

対照的に、9080ドル付近から急反発すれば、リスクに対する報酬の割合が魅力的になることから、良い買い機会になるだろう。我々は、ロングポジションを始める前に、9080ドルからの反発を待つことを勧める。ストップロスは8900ドルが良いだろう。

しかし、もし反発力が弱ければ、ロングポジションは避けた方が良いだろう。買い手の需要が少ないことを示しているからだ。

今後2、3日の見極めが大切と考える。

ETH/USD

イーサリアム(ETH)は、20日、20日間EMA(青色)を下回った。ネガティブなサインだ。現在、15日につけた174.461ドルの安値に向かっている。もしこのサポートが崩れれば、下降トレンドが再開し、150ドルまで下がるかもしれない。

ETH/USD

(出典:TradingView

2つの移動平均線は下落傾向にあり、RSI(相対力指数)はネガティブなゾーンにある。弱気派が優勢なようだ。

ただ、もしETHが174.461ドルから反発して204ドルを突破したら、我々の弱気な見方は無効になるだろう。

我々は、トレンドが回復し、20日間EMAより上の水準で落ち着くまで、トレードの提案は控える。

XRP/USD

XRPのプルバックは20日間EMA(青色)で止まった。上昇に安堵してポジションを軽くしたトレーダーがいるのだろう。今後は、0.225ドル〜0.24508ドルのサポートゾーンに迫ることになるだろう。もし、このゾーンを下回れば、下落トレンドが再開して次のターゲットである0.19ドルまで下がる可能性がある。

2つの移動平均線は下落傾向にあり、RSI(相対力指数)は売られ過ぎのゾーンに近い。弱気派が明らかに優勢だ。

XRP/USD

(出典:TradingView

対照的に、もし強気派がサポートゾーンを守れば、XRPは20日間EMAに再び挑戦するかもしれない。もし20日間EMAより上で維持できれば、直近の下落がベアトラップ(弱気派の罠)だったことになる。そうなれば、長期的には買いの機会を提供することになるかもしれない。

それまで、我々は、中立の立場だ。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

市場データは、HitBTCから提供されています。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B