恐怖指数が過去最低値を示す、ビットコイン(BTC)は反発するか?

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

恐怖指数が過去最低値を示す、ビットコイン(BTC)は反発するか?

恐怖指数が過去最低値を示す、ビットコイン(BTC)は反発するか?

恐怖指数が過去最低値を示す、ビットコイン(BTC)は反発するか?-仮想通貨ニュースサイト コイン東京

過去1年間のFear&Greed Index

過去1年間のBTC価格推移

ビットコイン(BTC)は数日間10,000ドル台に留まった後、強気派がペースを維持できず、21日に大規模な売却がありました。22日時点にBTCは再び1万ドルを割り込んで前日比約3%下落しています。

ビットコイン(BTC)は数日間10,000ドル台に留まった後、強気派がペースを維持できず、21日に大規模な売却がありました。22日時点にBTCは再び1万ドルを割り込んで前日比約3%下落しています。

Fear&Greed Index(恐怖と欲望指数)は、過去最低値となる5を示し、暗号市場は「極端な恐怖」に包まれている事を示しています。これは、BTC価格が3,000ドルに低下した2018年12月13日を下回ります。

恐怖指数は、6つの情報源(ボラティリティ、市場の勢いと量、ソーシャルメディアの動向、調査、優位性、およびGoogleトレンド)から日々のデータを収集しています。主にビットコイン価格とニュースの影響を受けて変動します。指数は、0が「極度の恐怖」、100が「極度の強欲」を表します。

セオリーでは、強欲指数は弱気トレンドへの転換リスクを示し、反対に強い恐怖は上向きへの反転を示唆します。実際に昨年12月に指数が約8〜10に達した際、BTC価格は以降数週間で20%上昇しました。Coinlibを見ると、21日時点に人民元と米ドルのBTCへの資金フローが増加しているため、反転の兆しも示されています。

しかし、BTCの下落を予想する複数のアナリストがいます。Chonis Tradingは最近、日足の移動平均が、現在のBTCが弱気トレンドにあると指摘しました。

「トレンド転換を示すローソク足に、グリーンキャンドルはわずか2本しか続かなかった。その後、弱気に反転した。強気派は、引き締まった上昇継続を示すローソク足を求める。」

別のアナリストBeastlorionは、BTCが強気トレンドの回復に失敗したと見て、現在を「潜在的な下落前の一時的なサポートを得ている」状態と指摘した。暗号通貨市場の弱気感情を払拭するために、ビットコインはいくつかのテクニカルレベルを早急に取り戻す必要がある。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B