東京大学と日本IBM、産学連携で革新的な社会モデルの創出を目指す研究プログラム新設

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

東京大学と日本IBM、産学連携で革新的な社会モデルの創出を目指す研究プログラム新設

(Image: Shutterstock.com)

東京大学と日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は8月21日、革新的な社会モデルを産学連携でデザインする研究プログラム「コグニティブ・デザイン・エクセレンス(CDE:Cognitive Designing Excellence)」の設立を発表した。東京大学が持つ人文社会科学系や先端科学系の知見と、日本IBMが持つAI、ブロックチェーン、IoT、量子コンピューターなどの先端デジタル技術を融合し、革新的かつ持続可能な社会モデルの創出を推進する。

研究プログラム「CDE」は、東京大学と日本IBMとの委託研究契約により、2019年7月から2022年3月まで実施、プログラムリードは東京大学・大学院情報学環の須藤修教授が務める。

革新的な社会モデルは、芸術、文学、歴史、文化、哲学、経済学など人文社会科学的なアプローチが有用だという。「CDE」は、これらの人文社会科学領域とSTEM教育(ステムきょういく:科学・技術・工学・数学の教育分野の総称)を融合させた学際的な見地から、生活者に新たな価値をもたらす革新的な社会モデルをデザイン・構築を目的とする。また、その基本的な技能を学生に教育する。

今回新設した「CDE」は、日本企業の経営幹部が参加する。人文社会科学やデジタル・デザインの専門家による課題提起を受け、参画企業によるディスカッションを行い、新たな視点や洞察力を得ながら革新的な社会モデルをデザインしていく。現在、テーマは農業、エネルギー、格差、災害、教養、交通インフラ、ポストイベント、多様性などを検討している。

今後、参画企業は「CDE」の教育機能として、AI研究やデータサイエンティスト育成など、先端デジタル技術の革新的な社会応用を学ぶ機会の提供を検討する。また、社会・産業プラットフォームの創出を目的に、アイデア出しの支援、ワークショップ開催、情報提供をしていく予定になっている。さらには、人材交流、人材育成を目的とした学生、スタートアップ企業、インターンの共有の場として、東京大学本郷地区に産学協創スペースを設け、研究・討議を行っていく。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B