バイナンスが「顧客確認(KYC)データ」流出被害を認め、顧客に「VIPメンバーシップ」等の優先待遇を付与

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

バイナンスが「顧客確認(KYC)データ」流出被害を認め、顧客に「VIPメンバーシップ」等の優先待遇を付与

バイナンスが「顧客確認(KYC)データ」流出被害を認め、顧客に「VIPメンバーシップ」等の優先待遇を付与

バイナンスが「顧客確認(KYC)データ」流出被害を認め、顧客に「VIPメンバーシップ」等の優先待遇を付与-仮想通貨ニュースサイト コイン東京

23日、仮想通貨取引所バイナンスは、顧客確認(KYC)認証データ流出疑惑に関する調査経過について報告しました。同社は一部の写真が、2017年12月上旬から2018年2月下旬に契約していたサードパーティベンダーと共有したものが含まれていた事を認めています。多くの画像は、何らかの方法で加工されており、デジタル透かしが取り除かれていました。

バイナンスは、プライバシー保護と賠償のガイダンスのために、すべての潜在的な被害者に積極的に連絡しています。影響を受けるユーザーに、国内の行政局で身分証明書の再発行を勧めています。

同社はまた、影響を受けるユーザーに、「優先取引手数料、サポート、その他のサービスを含む生涯Binance VIPメンバーシップ」を提供している。ユーザーは、「Security Issue」からバイナンスのカスタマーサポートセンターにアクセスして、質問や賠償について問い合わせできる。

バイナンスは、セキュリティを最優先事項として、ユーザーを保護に尽力している事を強調した。
2018年にKYC検証システムをアップグレードして、AIベースの顔検証機能を採用。2019年には、KYCデータの保存とインデックス作成など、顧客資産と情報保護に向けたより高度なデータセキュリティを取り入れた。

今年5月、バイナンスはセキュリティ侵害により7000 BTC(約4,000万ドル相当)が盗まれた事を発表しました。発表によると、ハッカーはフィッシングやウイルスを含むさまざまな戦術を採用して、多数のAPIキー、2FAコード、およびその他の情報を入手しました。

今月初めにバイナンスは、ハッカーから脅迫の対象となっていた事を発表しました。脅迫者は、バイナンス・ユーザーの KYCデータと主張された約10,000枚の写真と引き換えに、300 BTC(約3.5億円)の支払いを要求したという。バイナンスがこれを拒むと、脅迫者はテレグラムなどのSNSに公開し、ニュースメディアに情報を売ったと見られています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B