軟調なビットコイン 10,000ドルの攻防を左右するポイントについて解説|仮想通貨市況(タキオン)

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

軟調なビットコイン 10,000ドルの攻防を左右するポイントについて解説|仮想通貨市況(タキオン)
 

軟調なビットコイン 10,000ドルの攻防を左右するポイントについて解説|仮想通貨市況(タキオン)


軟調なビットコイン 10000ドルの攻防を左右するポイントについて解説
軟調な動きを続けるビットコイン分析、イーサリアムやリップルのアルトコイン分析を交えて解説。ビットコインは軟調な中にも中長期的な現物の押し目買いが見受けられる。一方でアルトコインは低調ながらも大きなサポートに達しており、ここで反発するかが仮想通貨マーケット全体を大きく左右すると言える状況だ。

ビットコイン(BTC)市況

ビットコイン(BTC)は日足レベルで三角持ち合いチャートを作っており、このチャートが、国内外問わず大きく意識されている。

直近1週間ほどはボラティリティの低い状態が続いているが、足元では10000ドルを割ると現物の押し目買いが行われていると推定される。

BitMEXのXBTUSD(デリバティブ市場)からCoinbase(現物市場)の価格を引いた差額図を示してみると、直近矢印地点のように10000ドル割れで現物の押し目買いが行われていると見られ、現物価格が強気に推移する傾向がある。

アルトコイン市況

マーケットキャップ・ビットコインドミナンス

寄稿者:タキオン@wing_tachyon

上値は重いものの、下がったら押し目買いがコンスタントに行われており、上値も重く下値も硬い難しい状況と言える。短期的な投機筋の売りをこなしきれば、いずれ中長期的な現物を中心とした「押し目買い」が上回ることも視野に入れたい。

イーサリアム(ETH)は160~180ドル付近大きなサポートを背中にしつつも190ドル地点で停滞してる。

1600~180ドルと幅はあるが、このサポートは大きく意識されるサポートでもあり、100日移動平均線、200日移動平均線の下に価格が停滞する状況を考えると、このサポートの崩壊は長期低迷の示唆するものとなってしまうであろう。当面は25日線の回復や200ドルの大台の回復が意識される。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B