イーサリアム(ETH)は落ち着いた値動きを継続中、イーサリアムの今後を価格チャートから分析【2019/8/25】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

イーサリアム(ETH)は落ち着いた値動きを継続中、イーサリアムの今後を価格チャートから分析【2019/8/25】

イーサリアム(ETH)は落ち着いた値動きを継続中、イーサリアムの今後を価格チャートから分析【2019/8/25】

イーサリアムの今後を価格チャートから分析【2019/8/25】

イーサリアム(ETH)の対BTC 日足チャート

イーサリアム(ETH)の対JPY日足チャート

5月17日以降、下降チャートを形成していたイーサリアム(ETH)でしたが、8月10日よりそれまでの下落を止める根雨r語気を見せました。しかし下落は止めたものの、強い反発も見られておらず、本日8月25日まで落ち着いた値動きを継続しています。イーサリアム(ETH)は今後どのような値動きを見せるのでしょうか?チャートを確認していきます。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

(TraidingViewのETH/BTC 日足チャート)

ETH/BTCの日足チャートを分析していきます。5月17日以降から下降チャートを形成してきたイーサリアム(ETH)は8月10日に遂に下落の値動きを止め、反発の値動きへ切り替えました。

しかしイーサリアム(ETH)の反発は強いものとはなっておらず、本日8月25日までに上値を大きく伸ばせていません。

また8月10日以降の出来高に注目した場合、長期的な下降チャートに対して反発は見せたものの、高い出来高を本日8月25日までに形成されておらず、現在のイーサリアム(ETH)は非常に流動性の低い相場になっていると考えることが出来ます。

現在のイーサリアム(ETH)相場ではMACDにてダイバージェンスも発生しており、下降トレンドを数量させる可能性が控えられているものの、流動性が低い相場となっているため、今後大きな量の注文が発生した場合、大きく注文された側に傾く可能性があり、上昇にも下落にも傾けることができる相場となっていると考えられます。

(TraidingViewのETH/JPY 日足チャート)

ETH/JPYの日足チャートを分析していきます。対法定通貨チャートでも、対ビットコイン(BTC)チャートと同様に落ち着いた値動きを続けています。

また現在のイーサリアム(ETH)は上値を20日移動平均線、下値を2018年12月以降から形成された上昇トレンドラインで支えられた値動きとなっている点には注目しておきましょう。

二つの重要なライン間で値動きしているイーサリアム(ETH)は今後ラインブレイクにて相場が大きく動き出す可能性があります。

今後のイーサリアム(ETH)はMACDにてダイバージェンスが発生しているものの、出来高に強いリアクションが見られていない点から、20日移動平均線に抑えられた形で緩やかな下降チャートを形成する可能性はあります。

しかし現在イーサリアム(ETH)相場は流動性が低い環境と予測されやすいため、大きな注文が仮に発生した場合、上昇にも十分に動き出す相場となっていることを頭に入れておきましょう。

本日8月25日から明日8月26日までに注目する価格帯として、上値は0.019BTC台、下値は0.0177BTC台を意識しましょう。

仮に0.019BTC台を突破した場合、イーサリアム(ETH)相場は一つの上昇トレンド転換サインを発生させることになります。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B