ビットコイン(BTC)ラインブレイクで500ドル幅急騰、いよいよ最終局面へ|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン(BTC)ラインブレイクで500ドル幅急騰、いよいよ最終局面へ|仮想通貨市況
 

ビットコイン(BTC)ラインブレイクで500ドル幅急騰、いよいよ最終局面へ|仮想通貨市況


ビットコイン(BTC)500ドル急騰、中期保ち合いの最終局面へ
米中貿易戦争の余波で為替・株式市場が大荒れ模様の中、仮想通貨ビットコイン(BTC)は9時頃から500ドル幅ほど急騰、10500ドル台を一時回復した。いよいよ煮詰まっており、今後の命運を別ける最終局面が近いものと考えられる。

ビットコイン(BTC)市況

ビットコイン(BTC)は、本日9時頃から500ドル幅ほど急騰。10500ドル(110万円)台を一時回復した。(下図:BitMEX 4h足)

週明け相場の午前9時は、仮想通貨チャートの重要指標である週足・日足・4h足の確定タイミングが重なるほか、国内株式市場(前場)が開く時間帯でもあり、各市場の出来高及びボラティリティが急上昇しやすい(相対的に仕掛けなどが入りやすい)性質を持つ。週末のジャクソンホール会議前後の米中発のネガティブサプライズで金融市場が動揺した事により、米NYダウ市場が前日比-2.37%の623ドル安に、株式市場では多くの銘柄が寄り付きからギャップダウンし日経平均株価が一時500円安の2万200円台となったことも、ビットコイン(BTC)の買い意欲を後押ししたか。

現在国内外で意識されている日足ペナントのテクニカル面に加え、1万ドル割れ時の現物買い、BitMEXの資金調達率がショート払いに転じるなど需給面ともに若干ロング優勢にあったものと考えられる。ディセンディングトライアングル上抜けからのショートカバーで急騰をもたらしたことで、OI(未決済建玉)も大幅に解消されている。

ただ、今回の急騰でbitFlyerではプラス乖離が5.0%まで加速。一時「SFD」が発動しており、その後の値動きではスキャルピングなど投機筋のロング利確と新規ショートを伴う反落を見せている。

世界中の投資家が意識している巨大保ち合いもいよいよ煮詰まってきた。買い目線では①のトレンドラインをブレイクし、②の強抵抗線まで上昇できるかどうか、売り目線では③の支持線とその下に控える9000ドルラインをブレイクし、昨年11月のビットコインキャッシュ(BCH)の通貨分裂騒動時の「長期ディセトラ底割れ」再来となるかどうかが肝となるだろう。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B