「仮想通貨ビットコイン20億ドル分の売りも」裁判受けクレイグ・ライトが発言=レポート

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「仮想通貨ビットコイン20億ドル分の売りも」裁判受けクレイグ・ライトが発言=レポート

「仮想通貨ビットコイン20億ドル分の売りも」裁判受けクレイグ・ライトが発言=レポート

「仮想通貨ビットコイン20億ドル分の売りも」裁判受けクレイグ・ライトが発言=レポート

自称サトシ・ナカモトのクレイグ・ライト氏とかつてのパートナーであるクレイマン氏の資産管理人の間で行われている裁判で、フロリダ州の裁判所は、かつて両氏がマイニングした110万BTC(約110億ドル、1兆1700億円)の50%の権利をクレイマン氏側が持つことを認めた。モダーン・コンセンサスによると、ライト氏がこの裁判の後に独占インタビューに応じ、「50億ドルをBTCで払うしかないだろう」と発言。その結果、ビットコイン(BTC)の売り圧力が高まるかもしれないと警告した。

110万BTCは、ライト氏とデイブ・クレイマン氏が2009年~2011年の間に共同でマイニングしたとされる。クレイマン氏は、2013年4月に死去している。

ライト氏によると、ライト氏の50億ドルはクレイマン氏の親族(イラ・クレイマン氏)が「相続」をするとこになる。フロリダ州の遺産税が40%かかるためクレイマン氏が50億ドル分のBTCを受け取る場合、遺産税として20億ドルを支払う必要がある。このため、もしクレイマン氏が現金で20億ドル持っていなければ、BTCを売る必要があるという。

「人生最悪の日か?」と聞かれたライト氏は、次のように答えた。

「人生最悪の日ではない。私の祖父が亡くなった。そっちの方が悪かった。これはただのお金だ。デイブが死んだ。そっちの日が私にとって最悪だった。私は友達とパートナーを失ったんだ」

一方でライト氏は、同氏が率いるビットコインSV(BSV)には全く影響がないとし、「ごめんねBTC」と発言。売り圧力が嫌ならば「イラを説得しなければならない」と述べた。

サトシ・ナカモトとはパートナシップだった?

ライト氏は、同インタビューで、判事がサトシ・ナカモトとはパートナーシップだったと判断したと主張。自分がビットコイン創設者のサトシ・ナカモトであり、デイブもそのパートナーシップに含まれていたと話した。

また、ライト氏に近いコインギークの創業者カルビン・エヤー氏もツイートで、次のように判決を解釈した

裁判官は、クレイグとデイブがサトシだと判断した。正しくないが、クレイグがサトシと正しく認識されるためには十分だろう。クレイグ氏はこのケースは控訴されるだろうと言っている」

ただ、起業家のアリスター・ミルン氏は、誤った断言と切り捨てている

「米国の裁判所は、ライト/クレイマンをサトシ・ナカモトと判断していない。他のことを言っている人は、正気を失っているか、嘘つきだ」

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B