バイナンス、仮想通貨貸付サービスの開始を発表|BNB・ETC・USDTに対応

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

バイナンス、仮想通貨貸付サービスの開始を発表|BNB・ETC・USDTに対応
 

バイナンス、仮想通貨貸付サービスの開始を発表|BNB・ETC・USDTに対応

バイナンスが新サービスを発表
バイナンスが、初めての仮想通貨貸付サービスを開始すると発表した。まずは、バイナンスコイン、イーサリアムクラシック、テザーの保有者を対象に金利を支払うサービスを行う。

バイナンスのレンディングサービス

新着記事

世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが、仮想通貨のレンディンサービス(貸付)を開始すると発表した

「バイナンスレンディング」と名付けられた本サービスは、バイナンスコイン(BNB)、イーサリアムクラシック(ETC)、テザー(USDT)を保有するユーザーが対象だ。ユーザーがこの3銘柄の貸付を行うことによって、金利を得られる仕組みにあなる。日本時間8月28日15時〜8月29日9時の間にユーザーによるデポジットが行われる。

ユーザーは申し込み時に貸付額を決めることができ、指定された期間が経過した後、確約されている金利を得られるという。

バイナンスCEOのCZ氏は本サービスについて、「バイナンスレンディングはシンプルで、直感的に利用することができる。ユーザーが銘柄を選択して利息を得るだけの簡単なサービスだ」と説明。また、「各銘柄に対する利率は確約されている。だから市場がどのような動きをしようと、仮想通貨の残高は増加していく」とも語っている。

さらにユーザーからの需要や仮想通貨の価値に基づいて、新たな銘柄を加えるべきかは、今後検討していく方針になる。

仮想通貨のレンディングサービスは増加傾向にある。金融のスタートアップ企業Graychain社が今月発表したレポートによると、仮想通貨のレンディングは、現時点で50億ドル(約5300億円)の市場価値があるという。しかしながら、貸付を行うユーザーは8600万ドル(約91億円)しか利益を得ておらず、その額は市場価値の1.83%ほどである。

本レポートによると、レンディングサービス企業Celsius社とGenesis社が最も多くレンディングの受付を行なっており、2社で業界全体の65%を占めている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B