ビットコイン(BTC)の出来高信頼度は17% 取引を水増す仮想通貨取引所が足枷=仮想通貨データ企業

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン(BTC)の出来高信頼度は17% 取引を水増す仮想通貨取引所が足枷=仮想通貨データ企業
 

ビットコイン(BTC)の出来高信頼度は17% 取引を水増す仮想通貨取引所が足枷=仮想通貨データ企業

仮想通貨取引の信頼度を調査
Nomicsが、仮想通貨や取引所の出来高信頼度を調査。ビットコイン(BTC)は17%、イーサリアム(ETH)は8%と出来高の信頼性が極めて低い状況があると指摘した。

取引の透明性を評価

新着記事

仮想通貨の取引に関するデータを提供するNomicsが、仮想通貨取引の出来高に対する信頼度を公表している。ビットコイン(BTC)の出来高のうち、信頼できる割合は約17%で、イーサリアム(ETH)に関しては8%だと算出した。

Nomicsは、米仮想通貨取引所コインベースの投資部門も支援する企業だ。調査では、複数の仮想通貨取引所の出来高を元にして、透明性のある取引が全出来高に占める割合を算出する。

一方、CoinMarketCapが追跡しているようなDランクの取引所というのは、日足の出来高や取引額を含め、不正確なデータしか提供していないと、NomicsのCEOであるClay Collins氏は説明する。

上述したようにビットコインとイーサリアムは、割合で見ると透明性のある出来高は比較的低いが、Collins氏によれば、これは両銘柄が様々なランクの取引所に上場しているからだという(不正を行う取引所も利用するため)。事実、Nomicsが調べた3873銘柄のうち、正確な出来高の数では両銘柄とも最も高い水準に該当するようだ。

また「透明性があると判断された銘柄は、Nomicsが追跡した全ての仮想通貨の内、上位25%に分類されている。仮想通貨業界にとって、これは悲しい現実だ」ともコメントを残した。不透明な出来高を公表している取引所はまだ存在していることに、怒りをあらわにした格好だ。

Collins氏は、Nomicsについて以下のように語っている。

 

我々は、データの透明性に基づいて取引所の評価付けを行う初めての調査会社だ。

我々がは新しいユーザーを獲得しながら、取引所の調査を続けていく。自分たちの透明性を高め、NomicsがAランクの企業になれるよう努力していく。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B