リップル社CEOが異例の声明 「XRPを巡る訴訟」と「売却停止を要請する署名運動」で

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

リップル社CEOが異例の声明 「XRPを巡る訴訟」と「売却停止を要請する署名運動」で
 

リップル社CEOが異例の声明 「XRPを巡る訴訟」と「売却停止を要請する署名運動」で

「XRP売却停止運動」について、リップル社CEOが異例の説明
リップル社のCEO Brad Garlinghouse氏は、仮想通貨XRPに関するネガティブニュースについて、異例声明を発表した。

「XRP売却停止署名運動」について、リップル社CEOが異例の説明

リップル社のCEO Brad Garlinghouse氏は、直近のXRPに関するネガティブなニュースについて、異例の声明をSNS上で発表した。

XRPに関してはいつもFUDはあるものの、裁判や売却に関する二つのテーマに関しては、コメントせざるを得ないとして、ツイートを投稿した。

裁判に関して

XRP売却停止運動について

裁判について説明したGarlinghouse氏は、集団訴訟の被告側の立場として、詳細は語らないとしつつも、9月19日までに会社から対応が発表されると言及。「SECの仮想通貨ICOガイダンスは法律ではない。明らかにXRPは有価証券に該当せず、UKの規制当局も有価証券ではないと判断している。」と強調した。

今回の訴訟では、SECの新仮想通貨ガイダンスをもとに、XRPが未登録有価証券であると主張したもので、同ガイダンスが裁判に用いられる初の事例としても注目を集めた。

関連Ripple集団訴訟に新たな展開

リップル社の政府関係グローバル部門を統括するMichelle Bond氏も、先日公開したビデオで、英国の金融行動監督機構(FCA)の仮想通貨ガイダンスで定義されたトークンの分類法を取り上げ、XRPがユーティリティトークンとエクスチェンジトークンの両方の特徴を併せ持っていると述べていた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B