トロンの子会社BitTorrent、ライブストリーミング用プラットフォームのテスト開始へ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

トロンの子会社BitTorrent、ライブストリーミング用プラットフォームのテスト開始へ
 

トロンの子会社BitTorrent、ライブストリーミング用プラットフォームのテスト開始へ

BitTorrentのライブストリーミングサービス
BitTorrent社が、ブロックチェーンを活用したライブストリーミングプラットフォームのテスト利用を開始することが分かった。仮想通貨BitTorrent(BTT)の投げ銭や決済利用での経済圏構築を目指す。

ライブストリーミングの試験開始

仮想通貨企業TRON(トロン)の子会社で、10億人超のユーザーが利用する世界最大級の分散型プロトコルを運営するBitTorrent社が、2019年今四半期中(9月中)に、ブロックチェーンを活用したライブストリーミングプラットフォームのテスト利用を開始すると公表した。

このプラットフォームは「BitTorrent Live(BLive)」という名称で、ライブ動画を配信したり、同じ興味を持つユーザーとつながることができるという。音声のライブストリーミングを配信することも可能で、複数のユーザーとのチャット機能も備える。また、トップユーザーのランキングや関連コンテンツを表示する機能も搭載される。

BLiveでは、収益化する機能もある。BitTorrent(BTT)などの仮想通貨で投げ銭を受け取ったり、BTTで購入したギフトをプレゼントとして配信者に送ることもできる。またギフトをBTTに変換することも可能だ。それだけでなく、技術的なメンテナンス、コンテンツ作成、イベント計画といった活動をすることでもBTTで報酬が得られるという。

仮想通貨BTTの役割

ジャスティン・サンの発言

BitTorrent社は国際送金で生じる摩擦や問題を解決することをBLiveの主要な目的としている。その目的を達成するために仮想通貨を活用し、セキュリティと利便性の高いサービスを提供する。また、仮想通貨の他のユースケースも探っていくという。

仮想通貨トロンの開発者でBitTorrentのCEOも務めるジャスティン・サン氏は、「通信技術の発達やSNSの普及で、ライブストリーミングの利用は徐々に拡大してきた。今やインターネット技術の2ダークホース的存在と言える」と説明している。また、「結果、何千人というフォロワーを持つ優秀なコンテンツクリエイターが生まれたが、広告収入やギフト収入では、公平な利益を得られていない」とも語っている。

Bliveは、2019年第3四半期から2020年第1四半期(9月から翌年3月)にかけて、アルファ版、ベータ版、完成版と順番に作成していく。アルファ版では、少数のユーザーが利用可能になり、そこから改良を重ねていく予定だ。

参考:BitTorrent Inc.

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B