ビットコイン相場2019を主導していたのは米国トレーダー、アジア圏は総じて弱気|仮想通貨データ分析LongHash

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン相場2019を主導していたのは米国トレーダー、アジア圏は総じて弱気|仮想通貨データ分析LongHash
 

ビットコイン相場2019を主導していたのは米国トレーダー、アジア圏は総じて弱気|仮想通貨データ分析LongHash

強気は米国、弱気はアジアか?
仮想通貨データ分析企業LongHashのデータによると、今年のBTC上昇トレンドに「地域格差」が確認された。米国のトレーダーは、アジア圏よりも強気傾向にあるデータが示されたという。

ビットコイン市場は米国主導

仮想通貨データ分析メディアLongHashのデータによれば、今年のビットコイン強気相場には「地理的な温度差」が見られる。主に、米国トレーダーに顕著な傾向にあり、アジア圏のトレーダーよりも強気のマインドを見せていた。

タイムゾーン(地域に合わせた9時〜18時)と価格変更率のデータから、4月における一時急騰を除き、主なプラス変動率を記録したのはほとんど米国タイムゾーンである。*米タイムゾーンでは主に西・東海岸(3時間の差)で算出する。

LongHashは、BTCが6月末に年初来高値を記録して以降、アジア時間では売りが多く価格下落が見られていたが、反対に米国時間では買いを中心にした反発傾向にあったと分析した。

もちろんこの分析は、世界中の全取引所をマッピングしたデータを基にしたものではないが、代表的な取引高で見ると、タイムゾーン及び地域データではビットコイン市場に対する温度感の違いも確認された。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B