中国政府、仮想通貨のエアドロップ(無料配布)も違法ICOとして弾圧対象に

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

中国政府、仮想通貨のエアドロップ(無料配布)も違法ICOとして弾圧対象に
 

中国政府、仮想通貨のエアドロップ(無料配布)も違法ICOとして弾圧対象に

仮想通貨エアドロップも違法ICO扱いに
仮想通貨関連事業への弾圧を強める中国は、中央銀行の新たな報告書を通してエアドロップに関して言及。仮想通貨トークンを不当に流通させる「違法ICO」の一環だとして問題視、取り締まり強化対象になるとした。
エアドロップとは
仮想通貨トークンにおける認知度向上マーケティングの一種で、少額の仮想通貨トークンを「無料で入手」することが出来るキャンペーンのこと。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

仮想通貨エアドロップも違法ICO扱いに

中国政府は昨年9月から、ICOを含む仮想通貨プロジェクトに加え、仮想通貨取引所、マイニング関連事業にも規制を強めるなど強制手段を施しており、主要都市での仮想通貨に関するプロモーションイベントを全面的に禁じている。

さらに先日、メッセンジャーアプリWeChat上の仮想通貨・ブロックチェーン関連アカウントが停止され、中国検索エンジン最大手Baiduのフォーラムにおける仮想通貨関連投稿も禁止とするなど、極めて厳しい取り締まり対象となっている。

エアドロップとICOに対する中央銀行の姿勢とは

一方で、今回言及されたエアドロップに対する禁止手段は明確に述べられていないが、SNSや仮想通貨取引所(VPN経由)などを通じて配布されるエアドロップのPRやマーケティングに対する、さらなる取り締まりも考えられる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B