元Google CEOも認めた仮想通貨イーサリアムの技術的革新性|Thomas Crown Art社は2019年の上昇軌道を示唆

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

元Google CEOも認めた仮想通貨イーサリアムの技術的革新性|Thomas Crown Art社は2019年の上昇軌道を示唆
 

元Google CEOも認めた仮想通貨イーサリアムの技術的革新性|Thomas Crown Art社は2019年の上昇軌道を示唆

元グーグルCEOも認めたイーサリアムの革新性
Google社の元CEOは、イーサリアムの技術的革新性について高評価。Thomas Crown Art社の創業者は、2019年を通して上昇軌道に乗ると主張。原動力となるサービス名を挙げた。

元グーグルCEOも認めたイーサリアムの革新性

米ベンチャーキャピタルVillage Global社主催の対談イベントで、元グーグルCEOで、同社の発展に大きく寄与したことで知られるEric Schmidt氏が、イーサリアムの技術的革新性を高く評価した。 

イーサリアム価格について強気発言

一方、ブロックチェーン技術とスマートコントラクトで、アート業界に蔓延する贋作問題を解決しようとしているThomas Crown Art 社共同創業者のIan McLeod氏は、イーサリアムの価格上昇の可能性について強気発言を行った。 

Oracles社は、多くの業界に信頼のおけるデータフィードサービスを提供しているが、このサービスを利用することで、スマートコントラクトへの直接の情報配信も可能となり、スマートコントラクトがネットワーク外の情報に直接アクセスする必要がなくなる。 

「Oraclesはスマートコントラクトの実用化に向けた大きな前進となる。Oraclesにより、スマートコントラクトにおいて、アクションを決定するための外部のデータ受け入れが可能になるが、これには、あらゆるセクターで、高度に要求されている、多くのユースケースがある。」 

とMcLeod氏は語っている。 

ブロックチェーン技術を使った理想的なユースケースの一例として、McLeod 氏は自身が携わっているアートの認証ビジネスをあげた。 スマートコントラクトを使用することで、作品が作成された時点で、永続的かつ不変の記録を保存し、登録された作品の認証に用いることが可能になる。 

そして、Oracles社のデータフィードサービスは、このコンセプトをさらに強化して、スマートコントラクトの作業プロセスの軽減につながると、同氏は説明している。 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B