昨年11月の「底割れシナリオ」再来に警戒感、ビットコイン(BTC)はライン割れで急落|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

昨年11月の「底割れシナリオ」再来に警戒感、ビットコイン(BTC)はライン割れで急落|仮想通貨市況
 

昨年11月の「底割れシナリオ」再来に警戒感、ビットコイン(BTC)はライン割れで急落|仮想通貨市況


ビットコイン(BTC)市況
仮想通貨ビットコイン(BTC)は、しばらく推移していた10000ドルを大幅に割り込んだ。複数のアナリストらが下落要因を分析しているが、昨年11月のディセトラ底割れシナリオ再来に警戒感が募っている。

ビットコイン(BTC)市況

10,000ドル前後で推移していたビットコイン(BTC)は、3時すぎから急落。海外最大級のデリバティブ取引所BitMEXにて、9500ドル台まで下落した。
国内最大手のbitFlyerでは、101万円台を付ける場面も見られた。

今回の急落を受け、海外のアナリストBoxmining氏は、BitMEXにおけるロングポジションの大量強制清算を伝えた。急落に際し、「1.5億ドル(160億円相当)のロングポジション」がロスカットされたが、ショートポジションにはほぼ無影響であったという。

メジャーアルトに売り仕掛けか

人気アナリストThe Crypto Monk氏は、今回の急落について、昨日夕方BitMEXの巨大買い板(1.2億ドル)の影響を指摘、大口投資家がポジションを大量に捌きながらも、マーケットメイクを行なった可能性があると分析。Joseph Young氏らは、米シカゴ先物市場(CME)のSQが原因の一つだと指摘している。

今回の下落は、先行指標となりやすいイーサリアム(ETH)の下落にも牽引された。BitMEXでイーサリアムのショートが積まれた可能性がある。

また、大幅下落の直前である「2:30〜2:45」にかけて、仮想通貨テザー(USDT)がバーン(焼却)されたことも、Tainoko(@btc_tainoko)氏に指摘されている。同氏は、BTCの大口売買アラートや、未確認取引数、BitMEX&Deribit未決済建玉を知らせる「BTC情報アラート」など有益なツールを開発・提供している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B