米「アメックス」が中国市場における決済承認を取得|提携企業リップル社とのメリットを考察

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米「アメックス」が中国市場における決済承認を取得|提携企業リップル社とのメリットを考察
 

米「アメックス」が中国市場における決済承認を取得|提携企業リップル社とのメリットを考察

リップルネット加入企業「アメックス」の中国進出
リップルネットのパートナー企業である米国のクレジットカード大手企業『アメックス』が初の海外カード企業としての許可を取得した。リップルの業務範囲拡大にもメリットが期待される。

アメックスが中国に直接アクセス

ロイターの報道によって、米国のクレジットカード企業『アメックス』が11月9日に、中国の中央銀行から国内におけるクレジットカードによる決済の承認を受けたことが明らかになった。

また、アメックスはジョイントベンチャーである中国国内の決済大手企業LianLianのネットワークを利用し、『中国元』(Yuan)の国内の決済システムを構築することとなると報道されている。

なお、今まで、すべての外国決済カード企業は国営企業Union Pay(銀聯カード)と協業しなくては業務が認められなかったが、アメックスは初めて銀聯を伴わない海外カード企業となった

そして、今回中国への進出の背景には、中国が海外カード決済企業に対する厳格なスタンスがあり、同社は10年以上斡旋活動を続けた結果、2020年には100億枚ものクレジットカードが利用されると予測されている中国のEコマース市場へ進出を遂げたという。

リップル社:提携企業の中国進出に生じるメリットとは

リップル技術の中国の位置付け

そして、LianLian社とは、すでに1億5千万の登録ユーザーを抱えており、リップル社の決済サービスのクライアント企業の一つである送金サービス会社であり、この提携を経て中国市場の拡大を実現させた。

アメックスとLianLianがリップルネットと提携しているため、今回の公式の承認は、つまり、リップルネットにとって、中国における国内決済において、他の海外決済サービスよりもいち早く優位に立つことができるのではないかと期待されている格好だ。

さらに、アメックスとLianLianが、将来的にリップルの『マルチホップ』を利用することにより、xRapidに転換するなども不可能ではないと言えるだろう。

マルチホップとは、銀行が直接的なつながりや接点が無くても異なる銀行間での送金を可能にする画期的な技術である。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B