米中の貿易摩擦を背景に価値を高めるビットコイン

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米中の貿易摩擦を背景に価値を高めるビットコイン

(Image: Shutterstock.com)

ConsenSysは8月22日、仮想通貨市場に関する2019年第2四半期の調査結果を公開した。分析は、Quarterly Macro Outlook Reportを発行するDelphi Digitalが行った。レポートは、昨今の貿易戦争に対するリスクヘッジとしてBitcoinの価値が注目されていることや、立場の弱い法定通貨を持つ国家が長期的なドル安の影響を受け、代替資産として金やBitcoinの需要を高める要因になっていることを示した。

同社は2019年第2四半期を通して「世界市場の減速、仮想通貨市場の加速」と評した。仮想通貨市場では例年通りBitcoinが市場をリードした。アルトコイン比で100%以上大きい160%の利益があったという。

Bitcoinの高騰の背景には、米中貿易の緊張の高まりがあることを指摘した。投資家が貿易戦争による法定通貨のリスクを恐れ、国家に依存しない非ソブリン資産を求めている。そこで白羽の矢が立ったのがBitcoinというわけだ。以前からBitcoinと金の価格変動は、同種のソブリン通貨としての振る舞いからある程度連動しており、Bitcoinは「デジタルゴールド」としての地位をさらに固めている。

レポートは次世代の金融システムDeFi(分散型ファイナンス)についても触れる。DeFiは新規プロジェクトの立ち上げと拡大が継続しており、Ethereumのプロジェクトの中でも一角の成長分野として注目を集めている。2019年7月末の時点でDeFiにロックされた合計額は4億7800万ドルに上る。前年比で100%以上の増加である。

DeFiにロックされた米ドルの内、65.6%はステーブルコインDAIを提供するMakerがロックしている。MakerはCompoundやInstaDappといったほかの有力なDeFi基盤とも連携しており、DeFi市場の90%以上はMakerを中心に構成されているという。

ConsenSysは、Ethereumのエコシステムに多大な影響力を持つ大規模スタートアップ企業。Ethereumの共同創設者であるジョセフ・ルービン氏が設立し、世界中に拠点や従業員が点在する分散型企業の形態を取る。代表的なプロダクトとして、EthereumのWebブラウザ組み込み型ウォレットとして有名なMetamaskは同社が手掛けたものだ。世界中で極めて多様な事業展開を行っているが、国内では野村総研と協力しセキュリティ監視ツールの開発などに取り組んでいる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B