米政治行動委員会、仮想通貨ICOで下院に出馬する候補を支援

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米政治行動委員会、仮想通貨ICOで下院に出馬する候補を支援
 

米政治行動委員会、仮想通貨ICOで下院に出馬する候補を支援

米国で候補者支援のためにICO実施
米国の政治行動委員会BitPACが、米下院の補欠選挙の候補者を支援するためにICOを実施。今後は投票者が、民主・共和両党から出馬する候補者を支援できるようなプラットフォームも目論む。

選挙の候補者支援のためにICO実施

新着記事

米国の政治行動委員会BitPACが、公職に就くことを目指す候補者をサポートするために、仮想通貨ICOを実施する。

仮想通貨メディアCoindeskに応じたBitPACの創設者Dan Backer氏によると、発行されるのは「politicoin(ポリティコイン=政治コイン)」というトークンだ。

まず最初にBitPACは、Dan Bishop氏を支援する。Bishop氏は、ノースカロライナの上院議員で、補欠選挙で米国会下院に立候補する。今後は、投票者が民主党あるいは共和党の候補者を支援できるようなプラットフォームを構築する構想だという。

先月、2020年米大統領選挙の候補者であるAndrew Yang氏を支援する人々が、ビットコイン(BTC)による寄付を受け付けるために、特別政治行動委員会を立ち上げた。Yang氏はブロックチェーンを導入した投票を支持しており、仮想通貨における明確なガイドラインの制定を呼びかけるなど仮想通貨業界を支持する公約を掲げている候補だ。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B