タイ税関、ブロックチェーンで港のコンテナ追跡 IBMの「トレードレンズ」に参加

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

タイ税関、ブロックチェーンで港のコンテナ追跡 IBMの「トレードレンズ」に参加

タイ税関、ブロックチェーンで港のコンテナ追跡 IBMの「トレードレンズ」に参加

タイ税関、ブロックチェーンで港のコンテナ追跡 IBMの「トレードレンズ」に参加

タイの税関当局は、IBMのブロックチェーンソリューション「トレードレンズ」を使用して同国の港湾から出荷されるコンテナを追跡する。8月28日に発表した。同プラットフォーム導入で、出荷情報の追跡や情報共有の効率化を目指す。

トレードレンズは、IBMと物流大手のマースクが開発した国際貿易プラットフォーム。タイのニュース、バンコクポストによれば、トレードレンズの導入はASEANの中ではシンガポールに次いで、2番目になるとしている。

IBMタイのインドシナ担当のバイスプレジデント、パタマ・チャンタラック氏は、同システムが世界規模のロジスティックエコシステムのステークホルダーに恩恵をもたらすことを期待するとし、以下のように述べた。

「トレードレンズは、タイ税関局に自動で変更不可能な追跡ツールを提供し、エコシステムメンバーのネットワークでリアルタイムで情報を共有でき、さらに安全で透明性が高く効率的で簡素化されたワークフローをもたらすだろう

チャンタラック氏は、トレードレンズは、コンテナの出港後即座に出荷データが税関に送信されるので、受け入れ準備にかけられる時間が増加するとしている。まずは同国チョンブリー県にあるレムチャバン港に導入し、その後バンコクの港にも導入予定だとしている。

トレードレンズについては、日本の大手海運業者オーシャンネットワークエクスプレス(ONE)が7月に参加することを発表している

【関連記事:日本の大手海運会社ONE、ブロックチェーン貿易プラットフォーム「トレードレンズ」に参加

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B