[cryptopack id="115"]

デジタルガレージと大和証券、ブロックチェーンなど次世代技術に向け投資ファンド組成【フィスコ・ビットコインニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

デジタルガレージと大和証券、ブロックチェーンなど次世代技術に向け投資ファンド組成【フィスコ・ビットコインニュース】

 

デジタルガレージと大和証券、ブロックチェーンなど次世代技術に向け投資ファンド組成【フィスコ・ビットコインニュース】

2019/08/30 14:46

デジタルガレージ<4819>は30日、同社と大和証券グループ本社<8601>が合弁で設立したDG Daiwa Venturesが、次世代技術を有するグローバルのスタートアップ企業に向けた投資ファンド「DG Lab Fund II E.L.P. Cayman」(通称:DG Lab2号ファンド)を組成したと発表した。

DG Lab2号ファンドは、オープンイノベーション型の研究開発組織「DG Lab」と連携し、DG Labが研究開発を推進する「ブロックチェーン」、「AI」、「VR/AR」、「セキュリティ」、「バイオヘルス」の5つの重点分野を投資対象領域とし、国内外の有力なスタートアップ企業への投資を行うという。

デジタルガレージは「DG Labの活動や、これまでに培ってきた戦略パートナー企業や有力投資家を結ぶネットワークを通じて、DG Lab2号ファンドが優良なポートフォリオを形成することに貢献する」としている。

2019年8月末時点で同ファンドへの出資参画が確定しているのは、既にDG Labのコアパートナーであるカカクコム<2371>、KDDI<9433>に加え、三井住友トラスト・ホールディングス<8309>の三井住友信託銀行、SOMPOホールディングス<8630>グループの損害保険ジャパン日本興亜をはじめとする企業群であり、総額100億円を超える第一次募集が完了すると発表している。最終的な募集は20年3月までに終了し、ファンド総額として200億円程度を目指すようだ。

DG Labファンドでは、これまでブロックストリーム社と東京短資との合弁で設立したクリプトガレージが2019年1月、金融分野で初となる、内閣府「規制のサンドボックス制度」の認定を取得しており、円建てトークンを発行し、暗号資産(仮想通貨)と同時交換する決済サービスの実証実験を開始している。

今後は、さらにビットコイン(BTC)ベースのブロックチェーン上で独自仮想通貨を発行できる汎用フレームワーク「DG Lab DVEP」TMなど、ブロックチェーン分野での開発資産や、AI分野で研究を進める次世代データテクノロジー、スマートシティやバイオヘルス分野にも展開するアクセラレータープログラム「Open Network Lab」等との連携を通して、出資先の事業育成の推進とオープンイノベーションを加速させるとしている。

<HH>

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/3629

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。