デッドライン瀬戸際にあるビットコイン(BTC)、下落した場合の次のターゲットは|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

デッドライン瀬戸際にあるビットコイン(BTC)、下落した場合の次のターゲットは|仮想通貨市況
 

デッドライン瀬戸際にあるビットコイン(BTC)、下落した場合の次のターゲットは|仮想通貨市況


ビットコイン(BTC)市況
反発する東京株式市場を横目に、ディセンディングトライアングル下限での推移が警戒される仮想通貨ビットコイン(BTC)、月足確定直前の値動きが注目されている。

ビットコイン(BTC)市況

ビットコイン(BTC)は、9400ドル付近を推移している。

深夜にかけて一定のリバウンドも見せたが、資金抜け懸念からか反発の力も弱く、11時時点で再び下値を探る展開を迎えている。この水準はディセンディングトライアングル下限にあり、買い方にとってデッドラインの瀬戸際だ。昨日の仮想通貨市況でも解説した、昨年11月の「ディセトラ・底割れシナリオ」の再来に投資家の警戒感が募っている。

一方で、4hRSIは30%前後と売られ過ぎ水準に近づいており、需給を示すBitMEXの資金調達率はショート払いに変化した。bitFlyerのプラス乖離は+2.85%前後で推移しているが、過去の経緯からも「マイナス乖離」に転じた場合は一つの節目となりそうだ。市場の目線が下に傾く中、ベアトラップから急反発するなどの可能性も否めず、臨機応変な対応が求められる。

なお、28日には、世界最大の仮想通貨取引所バイナンスのCEOであるCZ氏が、Twitter上のAMAにて、9月中にも仮想通貨先物プラットフォーム「Binance Futures」にて、先物商品取引を開始することを発表。各サービスを通じて、仮想通貨を保有することで利益を得られるサービスの拡充に努める意向を示している。

明日は8月最終日となり、CME先物SQのほか、1日9時には今後の方向性を位置付ける「月足」確定タイミングなどが控えていることから、併せて注目したい。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B