2019年のブロックチェーン特許申請、中国67%・日本5%・ドイツ4%・韓国2%

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

2019年のブロックチェーン特許申請、中国67%・日本5%・ドイツ4%・韓国2%

(Image: Shutterstock.com)

中国知財メディアのIPRdailyは2019年前半の世界のブロックチェーン関連特許申請数ランキングを発表した。

特許申請数が最も多いのはアリババの322件だった。保険会社の中国平安が274件、ブロックチェーン企業のnChainが241件で続いた。

【2019年前半のブロックチェーン特許申請件数】
順位 企業名 件数
1 アリババ
(アント・フィナンシャル)
中国 322
2 中国平安 中国 274
3 nChain アンティグア・バーブーダ 241
4 複雑美 中国 122
5 IBM 米国 104
6 衆安科技 中国 99
7 バイドゥ(百度) 中国 90
8 元征科技 中国 86
9 中国聯通(チャイナユニコム) 中国 81
10 マスターカード 米国 79
11 網心科技 中国 74
12 趣鍵科技 中国 66
13 テンセント 中国 66
14 京東(JD.com) 中国 59
15 シーメンス ドイツ 55
16 中鍵科技 中国 52
17 点融 中国 51
18 全鍵通 中国 46
19 泰康 中国 41
20 アクセンチュア アイルランド 37

トップ100社を国別にみると中国企業が67%を占め、米国は16%だった。日本が5%、ドイツが4%、韓国が2%で続いた。

世界でブロックチェーン業界の資金調達は200件以上、調達金額は160億元(約2400億円)。国別では中国が71件、米国は64件だった。

2019年前半のブロックチェーン特許申請件数の国別の割合

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B