ETCへの51%攻撃の影響で様子見基調が強まる中、逆行高のトロンが好感された理由|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ETCへの51%攻撃の影響で様子見基調が強まる中、逆行高のトロンが好感された理由|仮想通貨市況
 

ETCへの51%攻撃の影響で様子見基調が強まる中、逆行高のトロンが好感された理由|仮想通貨市況

仮想通貨市場
イーサリアムクラシック51%攻撃の影響でビットコイン価格などで様子見基調が強まる中、独自トークンセールプラットフォーム『ローンチパッド』に関する材料が好感されてトロンが続伸。逆行高を見せている。

仮想通貨市場

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株

仮想通貨市場全体における、ビットコインの時価総額割合を示すドミナンス(支配率)を確認すると、50%を節目に推移している。

一時ビットコインは、約5ヶ月ぶりとなる「50%台」まで下げ、イーサリアムが12.4%まで比率を高めたものの、結果として全体相場は想像よりも大きな反発を見せず、直近ではビットコインのドミナンスが再び高まりつつある。

2017年末のバブル相場でも、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ネム(XEM)などが牽引するアルトコインのドミナンス急上昇(アルトバブル)から全体相場の急騰が始まっており、資金の流れを読み取るにあたり、指標の一つとして着目したい。

ビットコインチャート分析

イーサリアムクラシック

海外市況

国内市況

CoinPost動画

なお、イーサリアムクラシック(ETC)が51%攻撃による「Reorg」の発生を受け、各国の取引所がイーサリアムクラシック(ETC)の入・出金の見合わせを余儀なくされるなどしたことで、価格も急落を見せている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B