仮想通貨取引所コインベース、「英ハードブレグジット」に備えサービス変更

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨取引所コインベース、「英ハードブレグジット」に備えサービス変更
 

仮想通貨取引所コインベース、「英ハードブレグジット」に備えサービス変更

コインベース、英「合意なき離脱」に備え欧州利用者サービスを変更
議会閉会が発動されるなど混迷状態にあるイギリス。仮想通貨取引所コインベースは、EUからのハードブレグジット(合意なき離脱)に備え、電子マネー事業者を変更するなど対応を表明した。

コインベース、英ブレグジットに備えサービス変更

10月31日に英国のブレグジット問題の期限が迫る中、10月中旬までの英国議会閉会が宣言されるなど先行き不透明が強まってきた。そのような状況にある中、欧州内41ヵ国にサービスを提供する大手仮想通貨取引所コインベースは、現実味を帯び始めた「合意なき離脱」への備えを始めたようだ。

コインベースがヨーロッパ居住のユーザーに対し、ブレグジットの影響で、イギリスに拠点を置く現在の電子マネー取引業者CB Paymentsから、欧州域内の他の認可済業者へ変更を余儀なくされているという通知のメールを送ったことが、ツイッターユーザーからの投稿で明らかになった。

米サンフランシスコに本拠を置くコインベースは、積極的にグローバルな展開を推し進めており、現在100を超える国へサービスを提供している。その中でも、同取引所のヨーロッパにおける仮想通貨市場における存在感(出来高)は大きい。

現行の「単一パスポート制度」では、ヨーロッパ経済領域(EEA)内の1カ国で認可されれば、領域内31カ国全てで自由に金融サービスを提供することが可能だ。

合意なき離脱によるリスクを見据え、世界的な大手金融機関がイギリス国内の人員調整、及びフランクフルトなど欧州の他の金融拠点へ人事異動などに動いているとの報道が相次ぐ。日産、トヨタ自動車などの著名メーカーも見えぬ先に大きな懸念を示している。

EUとの合意がなくても10月末に離脱する決意を示すボリス・ジョンソン英首相だが、明日9月3日より閉会までの約1週間にわたって再開される英国議会で、どのような議論がなされるのか注目される。

参考:コインベースの利用者CryptoVanessa

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B